2014年10月30日

自撮り写真が嫌われるならなぜ料理写真は違うのか

醤油ラーメン(京都市上京区今出川通六軒町東入る)2005年11月

フェイスブックのニュースフィードに何度か流れたので、当該のブログ記事「Facebookで気づかぬ内に嫌われる投稿&行動35パターン」を読んでみた。35パターンのうち、最初の5項目を引用してみよう。
  1. 自慢
  2. 自撮り写真
  3. 近況
  4. プライベートメッセージ
なんとなく分かるような気もするが、ちょっと気になるのはなぜ自撮り写真(セルフィー)が嫌われるかよく分からないことだ。理由は「Facebookで自分で自分を撮った写真をアップする人は少数派だと思いますが、なぜこの行為が嫌われるのかというとナルシスト感が漂うからだと考えられます」という。私は2度ほど自分の写真を投稿したが、いずれも「いいね!」のボタンを押して貰っている。中には「どんどんセルフィーを公開して欲しい」という海外からのコメントもあった。確かに「近況」「プライベートメッセージ」の色合いを感ずる。しかしソーシャルメディアというのは、バーチャル空間に実生活を持ち込むと言う側面があるので、私はセルフィーからナルシスト感を感じないし、旧友の元気な姿にホッとしたり、家族写真に微笑ましさを感じたりすることがしばしばだ。で、不思議に思うのは、自撮り写真が嫌われなら、なぜ料理写真はそうじゃないかという点だ。これこそまさに「近況」「プライベートメッセージ」そのものであるからだ。想像するに、ユーザーが話題作りとして料理写真を投稿するケースが多いので、他人のそれを嫌悪しないということではないだろうか。私は料理写真をフェイスブックにポストしたことはないが、9年ほど前、飲食点に入ってはテーブルの料理を撮り、写真共有サイトFlickrに投稿していたことがある。写真写りを良くするため、外光が入る窓際に意識的に座ったことを思い出す。まあ、いずれにしても、他人の目を神経質に気にしないことだと思うのであるが…。

2 件のコメント:

  1. 食べ物程の魅力的な容姿の方が、少ないからじゃないでしょうか?

    返信削除
  2. 壮絶な風景に出合ったことがないのでしょうか、食べ物をの写真で「満足」してしまうのは…

    返信削除