2014年10月16日

デジタルカメラ写真のモノクロ化への違和感

賀茂川(京都市左京区下鴨上川原町)Fujifilm Finepix X100

写真共有サイトflickrや写真コミュニティ500pxで正方形のモノクロ写真が目に止まることがある。一瞬ハッセルブラッドやローライフレックスなどのスクエアフォーマットのカメラで撮ったかなと興味を抱き、さらに作者のプロフィールを見ると「モノクロ写真を主に制作」とあったりする。ところがそれがデジタルカメラによる作品だと分かると、何となく違和感を感ずるのは私だけだろうか。そういえば最近のエントリー「モノクロの歴史的写真のカラー化で知るそれぞれの特質」に「しかしモノクロ撮影モードを使ったり、撮影後に画像処理ソフトでカラ―情報を破棄、モノクロ化する人もこれまた多い」と書いた。アナログ写真術は絵画と違ってモノクロから始まり、カラー写真は後発の技術である。デジタルカメラは初めからカラーだったわけだが、そのモノクロ化はアナログ写真への憧憬なのかとも思ってしまう。あるいは「芸術写真」と呼ばれてる作品の多くがモノクロなので、それに擦り寄ってるのかなという皮肉な見方も脳裡を走る。私はモノクロ写真はフィルムカメラで撮るので、デジタル写真のモノクロ化をしないが、試しにフォトショップで加工したのが上掲写真である。蛇足ながらフォーカシングスクリーンに井桁に似た線を引た二眼レフもある。つまりアイレベルではなく、ウェストレベルファインダーはタテ位置での構えがし難く、従ってこのように苦肉の策をしている。正方形の写真はそのまま書籍や雑誌などに使い難く、矩形にトリミングすることを想定したものである。

2 件のコメント:

  1. ポートレートですが、もともと長方形で撮ったものをあえて正方形に直すことが増えています。仕事で撮影する方の多くは、撮影がおわって編集しているときに、このheadshotをLinkedInにつかいたいという話がでてきます。ところがこのサイト、顔写真がすべて正方形なのです。顔のアップを日の丸構図にしている方が多いのですが、それは嫌なので余白を残して少し片方に寄せたりした構図にするわけです。時には、Photoshopで余白を延長することもあります。白黒と両方つくってくれという人も時々いるのですが、私は白黒で撮る場合は最初から照明、背景、衣装のやり方から替えるので、両方ほしいならあげますが、いい加減なものになりますよ、といって、撮影前によく考えて決断してもらいます。

    毎回そういうことやっている最中、昔は二眼やマミヤ6で撮ってたので最初からほどよい余白がはいった正方形構図だったんですけどね、と喉まで出てくるのだけど、どうせ口に出してもその意味を理解してもらえないだろうと、言葉にせぬまま作業を終えてしまいます。

    返信削除
  2. 正方形といえば、ソニーが36x36mmのセンサーを開発中という噂があったんですが、どうなってしまったんでしょう。http://bit.ly/1Dg76mC
    すずきさんは確か否定的だったと記憶していますが、正方形のセンサーがあれば、フィルムとデジタルのハイブリッド二眼レフが作れるような気がします。ハイブリッドでなくとも、上から覗くウェストレベルファインダーのデジカメなら、威圧感を与えないのでポートレートに向いてると思います。でも売れないかな?

    返信削除