2022年12月4日

アメリカ憲法のルーツとなったアメリカ先住民

Governor William Burnet of New York meets with Native American leaders in 1721

9月17日は、1787年に米国憲法が調印されたことを記念する憲法記念日である。学校では憲法の知的系譜を古代アテネからヨーロッパの啓蒙主義にたどることが多い。しかしオクラホマ州イースタン・ショーニー族の法律学者、部族裁判所判事、市民であるロバート・ミラー(1950年生まれ)は、その多くの思想のもう一つの源は、誕生したばかりの米国政府の最も身近な存在であった部族の政治団体であると書いている。憲法に署名した建国の父たちの多くが、先住民族と深い親交があり、中には条約を結んだり外交関係を結んだりしていた人もいたと説明している。ベンジャミン・フランクリン(1706-1790)はイロコイ族をはじめとする先住民との条約交渉や印刷に深く関わり、その統治システムを研究していた。18世紀のアメリカ全土の部族政府は「比較的複雑な政府から単純な政府まで、独裁的な政府から高度に民主的な政府まで」さまざまなな政府モデルを有していた。

Native American

ところで「建国者」たちが最も親しんだ北米東部の政府は、ニューヨーク州北部の強力なイロコイ族連合を含む、部族国家の連合体であった。イロコイ族、ショーニー族、チェロキー族などの政治体制は、一般的に軍と市民の指導者を分け、宗教の自由を含む一定の個人の自由を守り、国民投票、拒否権、罷免など、ある程度民主的な政策がとられていた。しかし女性にも大きな役割を与えたが、これは合衆国憲法には1世紀以上反映されなかった。ミラーによれば、フランクリンはイロコイ族を含む先住民との条約交渉や印刷に深く関わり、その統治システムを研究していたという。1751年に書かれた文章で、フランクリンは次のように主張している。

もし無知な野蛮人である6つの国が、このような連合の計画を立て、昔から続いているような方法でそれを実行することができ、しかもそれが不分明に見えるとしたら、非常に奇妙なことだ。

初代副大統領ジョン・アダムズ(1735–1826)は憲法起草にあたり「古代ゲルマン人と近代インディアン」の政府を研究することを提案した。彼らは、行政、司法、立法の3部門に権力を分割して統治していると考えたからである。特にモホーク族を例に挙げ、彼らは「完全な個人の独立」を享受していたが、部族のリーダーは宣戦布告などの重大な決定を「国民議会」に持ち込んでいたと主張した。いずれにせよ「建国」の名のもとに、アメリカ合衆国は先住民の強制退去、新たな領土取得、次第に承認した新たな州により北アメリカの西部へ拡大したという史実を看過してはならない。より身近なアイヌ民族に関してもいずれ取り上げてみたい。

The Library of Congress  The Constitution United States of America Analysis and Interpretation (LOC) PDF 18.5MB

2022年12月1日

イエロー・マジック・オーケストラ結成前夜のコチンの月

King Records SKS-28
King Records SKS-28
細野晴臣(ケララ州コチン1978年)

1977年にイルカなどの海洋哺乳類保護運動を支援する、大がかりなコンサート「ローリング・ココナッツ・レヴュー・ジャパン」が晴海であった。私は Fisheye '77 という写真家グループを結成してその記録写真を撮った。その縁で翌年4月、横尾忠則、細野晴臣らのインド旅行団に加わった。帰国後、細野晴臣が作った曲を、イエロー・マジック・バンドが演奏した LP アルバム「コチンの月(COCHIN MOON)」がリリースされたが、ジャケットは私が撮ったインド映画の看板を横尾忠則がコラージュした作品だった。裏表紙には私が撮影したケララ州コチン(現在のコチ)のマラバルホテルの写真が掲載されている。太田克彦のライナーノーツの一部を紹介しよう。

ピンク・ペリカン・ラベルのビールをを飲みつつづけていた写真家の大塚さんを除いて全員身体に変調をきたしたこのインド旅行の病人団員たちは、マドラス領事の古沢さん招待され、天婦羅ふるまわされてから急に元気を回復しはじめた。テーブルを囲みながらぼくの隣では古沢夫人が横尾さん、細野さん相手に気になる話をしきりにいるのがチラチラ耳にはいる。つまり夫人がUFOと遭遇したことを細かに語っているらしいのだが、ぼくの真ん前では領事が、<日本人先祖が南インド人説>とか、ハイジャック恐れる在印日本人たち>の話に熱弁をふるっている最中で残念なが夫人のUFO体験を聞くことができなかった。
マラバルホテル(ケララ州コチン)

旅のスタートはデリーだった。インドの風土を知っていた私は毎日内臓をアルコール消毒していた。高級ホテルということで安心したのか、出された水をそのまま飲んだり、氷を齧ったりしたためか、私を除いた全員が酷い下痢症状に見舞われ「印度下痢旅行団」と化したのである。医師がいささか「怪しげな」薬を処方してくれたが、回復しない。そのままマドラス(現在のチェンナイ)に向かったのだ、窮状を知った日本人乗客が領事館に連絡してくれただった。そして次のコチン(現在のコチ)に着いたころは全員元気になっていて、南インドの牧歌的な景色を楽しむことができた。私は細野晴臣と、門外漢ながら、ドイツのクラフトワークなど、テクノポップについて楽しい会話をしたことを憶えている。ビニール LP 盤が制作されたが、リリースしたもののまったく売れなかったようだ。2005年 CD復刻され、稀少音源として注目されるようになった。帰国後、細野晴臣は坂本龍一、高橋幸宏とイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)を結成、世界的なヒットを飛ばし、一世風靡したのはご存知の通りである。アルバム「コチンの月(COCHIN MOON)」は早すぎた傑作だったのである。

 細野晴臣(Haruomi Hosono)横尾忠則(Tadanori Yokoo)コチンの月(COCHIN MOON)全曲

2022年11月27日

高音質デジタル音楽プレイヤー JetAudio の魅力

JetAudio Basic 8.1.7

スマートフォンやタブレットで音楽を聴くときは韓国の Cowon が開発した Android版の JetAudio を使っている。内蔵されている音楽プレイヤーでも構わないのだが、AGC(Automatic Gain Control)と呼ばれる自動利得制御、すなわち信号が強くなると出力が大きくならないようにし、信号が弱くなると出力が小さくならないようにするシステムが欲しい。アルバム単位で聴く場合は最初の曲の音量調節すればよい。しかし複数のアルバムを順番をばらばらにして聴くシャッフル再生の場合、曲ごとに音量調節が必要なのでイライラするからだ。外付け HDD にリッピングした約 3,000 曲の MP3ファイルをストレージしてあるのだが、聴く場合 foobar2000 を愛用してきたが、ふと JetAudio も Windows版があることを思い出し、インストールした。JetAudio は幅広いマルチメディアファイル形式のための高度な再生オプションを提供している。

jetAudio Logo

1998年にリリースされた JetAudio は Windows プラットフォーム用の現存する最も古いメディアプレーヤーのひとつである。音楽や動画再生のほか、メタデータ編集、CD リッピングおよび書き込み、データ変換、音声録音などの機能を持っている。多数のサウンドエフェクトも搭載している。JetAudio Basic は、総ダウンロード数が 3,000 万を超え CNET Download.com の「音楽管理ソフトウェア」カテゴリで最もダウンロードされているアプリケーションである。オーディオファイルでは MP3、AAC、FLAC、Ogg Vorbis、ビデオでは H.264、MPEG-4、MPEG-2、MPEG-1、WMV、Ogg Theora といった主要なオーディオおよびビデオファイル形式をすべてサポートしている。また、Mo nkey's Audio、True Audio、Musepack、WavPack など、あまり一般的ではない「オーディオマニア」向けのフォーマットもサポートしている。なおインターネットラジオ放送を聴けるとあるが、ダウンロードしたファイルに放送局のリストがなく、受信ができないのが残念である。

audio  JetAudio for Windows, Android and iOS | Download | News | Supprt | Development

2022年11月25日

アパッチ族の戦士ジェロニモの果敢な生涯

Group of Native American Chiefs in 1865
Group of Native American Chiefs (front row left) Geronimo in 1865

ジェロニモは部族の土地から追い出そうとするメキシコ人やアメリカ人を、恐れずに抵抗することで知られたアパッチ族の戦士だった。1829年6月16日、現在のニューメキシコ州のターキー・クリーク付近で生まれた。彼は拘束と保留地での生活から何度も逃れ、最後の逃亡の際には、アメリカ常備軍の4分の1が彼と彼の従者を追跡した。1886年9月4日に捕らえられたが、米軍に正式に降伏した最後のネイティヴアメリカン指導者だった。捕虜としてその生涯の最後の23年間を過ごした。ジェロニモは、1829年6月16日、現在のアリゾナ州ギラ川上流域で生まれた。彼の出生時の名前は Goyahkla つまり「あくびをする者」だった。彼は、約8,000人の小さな、しかし強大なアパッチ族の小部族チリカフアに属していた。彼が成人する頃には、アパッチ族は南はメキシコ、北はアメリカ政府、近隣のコマンチ族やナバホ族と戦争状態になっていた。彼は早くから狩猟の才能を発揮し、17歳までに近隣の部族への襲撃を成功させていた。個人的な悲劇が、彼や彼の民族を支配しようとする者への憎しみを生涯にわたって形成した。1851年、ジェロニモが交易の旅に出ている間に、ホセ・マリア・カラスコ大佐率いるメキシコ兵がジェロニモ一家のキャンプを攻撃した。ジェロニモの妻アロペと3人の子供、そして彼の母親は皆、殺害されたのである。悲しみに打ちひしがれたジェロニモは、アパッチ族の伝統に従って家族の持ち物を燃やし、森に向かった。「銃では決してお前を殺さない。私は銃から弾丸を抜き、お前に矢を射るだろう」。彼は家族を殺した犯人を追い詰める。ジェロニモという名前の由来については、異論がある。ジェェロニモとの戦いで怯えたメキシコ人兵士がカトリックの聖ヒエロニムスの名を呼んで叫んだことが起源だという説。また単に本名う Goyahkla の発音を間違えたという説もある。アメリカの西部への進出は、アパッチ族に新しい苦難と敵をもたらし。1848年グアダルーペ・イダルゴ条約が結ばれ、米墨戦争は終結した。

Geronimo
Geronimo by A. Frank Randall circa 1887

メキシコは現在のアメリカ南西部の大部分をアメリカに割譲し、その中にはアパッチ族が何世紀にもわたって住んでいた土地も含まれていた。1854年のガズデン購入により、アメリカは現在のアリゾナ州とニューメキシコ州南西部のさらなる土地を手に入れた。1872年、アメリカ政府はチリカフア族のために、少なくとも彼らの故郷の一部を含む保留地を作ったが、すぐに追い出され、アリゾナのサン・カルロス保留地の他のアパッチ族に加わることを余儀なくされた。ジェロニモは、その後10年間に3度、彼の従者達と共にサン・カルロス居留地を抜け出した。彼は周囲の丘陵地帯を知り尽くしていたため、追っ手から逃れることができたのである。逃げれば逃げるほど、また姿を消せば消すほど、米軍や政治家は困惑することになる。銃弾が自分を傷つけないという信念は本当だったようで、警察、イギリス系アメリカ人、メキシコ人との小競り合いから常に逃れていた。彼は何度も負傷したが、常に回復していた。1886年3月、ジョージ・クルック将軍はジェロニモに降伏を迫ったが、土壇場でジェロニモと40人の従者が暗闇に紛れて逃亡した。常備軍の4分の1に当たる5千人のアメリカ兵と3千人のメキシコ人が逃亡者を追った。1886年9月4日、ジェロニモはアリゾナ州スケルトン・キャニオンでネルソン・マイルズ将軍に自首するまでの5ヵ月間、彼らは持ちこたえた。ジェロニモは14年以上フォート・シルに滞在し、政府が許可した万国博覧会やワイルド・ウェスト・ショーに時折出かけるだけで、かつて無敵だったリーダーを見せびらかしました。セオドア・ルーズベルト大統領の就任式にも参加したが、ルーズベルトはジェロニモの「チリカフワ族が西部の原住民の土地に帰ることを許可してほしい」という嘆願を拒否した。1909年2月17日、肺炎のため死亡、オクラホマ州フォート・シルのビーフ・クリーク・アパッチ墓地に埋葬された。

Native American Geronimo (1829-1909) | Biography by History.com Editors | A&E Television Networks