2018年10月20日

ブリューゲル『婚宴の踊り』に隠された意味

ピーテル・ブリューゲル『婚宴の踊り』1566年頃(デトロイト美術館蔵

ホームページ作成サービス Yahoo! ジオシティーズが、2019月31日に終了になるので、引越し作業を行ったが、その内容を若干手直しした。4年間も放置してあったので、気になる部分があったからだ。ページ「フィドル」の表紙にイーストマン・ジョンソン(1824-1906)が描いたフィドラーの絵を流用していたが、ややイメージが暗く、変更することにした。そこで目に止まったのがピーテル・ブリューゲル(1525-1530頃–1569)の『婚宴の踊り』(1566年頃)だった。ページ自体の内容は、主としてアイルランドとアメリカのフィドル音楽について解説したものだが、ブリューゲルはネーデルランド絵画の巨匠である。結婚式に招待された農民125人が、人数が多いせいか納屋の中ではなく戸外で踊る様子を描いている。中央に黒色のドレスを着た花嫁と花嫁の父親が描かれているが、当時、踊りは当局と教会から卑猥な行為として禁じられていた。女性のお尻に手をまわす男も描かれているが、当時の社会基準を遵守しないことによる、農民による上層階級の厳格な境界からの解放を表現したもので、歴史的資料としても貴重なものである。私が注目したのは画面右端でミュージシャンが演奏している楽器 pijpzak(バグパイプスを意味するオランダ語)である。バグパイプスというと日本ではスコットランドのものが有名であるが、同類の楽器がヨーロッパの広い範囲に存在している。アイルランドのイリアンパイプスは、バグパイプと異なり肘に取り付けられた鞴(ふいご)で皮袋に空気を送り込む。農民の Barn Dance(納屋の踊り)の伴奏に使われたが、次第にフィドルが使われるようになる。製作技術の向上により安価で手に入るようになったこと、そして比較的小型の楽器だったので、持ち運びに便利だったことも大きな理由になったと想像される。アイルランドのフィドルチューンにはパイプのそれを原曲にしたものが多い。このような歴史的背景を踏まえながら、フィドルとは一見関係ないような絵を表紙に流用してみた。

WWW ウェブサイト "Fiddle Music"(フィドル音楽)へジャンプ

2018年10月17日

煙草をやめたい諸兄諸嬢のために

煙草をやめて綺麗な空気を吸おう

禁煙推進事業に取り組んでいる人と音信が復活した。80年代中ごろにお付き合いさせていただいたが、喫煙に関して私は嫌われていたようなので、思わず「だいぶ前に煙草をやめましたよ」と近況をお伝えした。ところで旧聞めいてきたが、大阪府の松井一郎知事が府議会の休憩時間中に公用車で外出し、車内で喫煙していたと今月11日の府議会総務委員会で取り上げられた。その数日前、大阪維新の会と自民、公明の3会派が今月中に「子どもを受動喫煙から守る条例案」を共同提案して、可決させる方針を固めている。東京都は子どもがいる部屋や車の中で煙草を吸わないよう求める条例を、4月1日から施行している。ただ私的な空間を規制対象にしたもので、罰則なしの条例である。さらに7月27日、罰則付き受動喫煙防止条例案都議会本会議で可決、成立した。従業員を雇う飲食店は面積にかかわらず原則屋内禁煙とすることが柱だという。従業員を雇っていない飲食店は禁煙・喫煙を選べる。都内の飲食店の84%が規制対象で、東京五輪・パラリンピック前の2020年4月に全面施行されるそうだ。喫煙者への包囲網が狭まってきた感じである。昨年の2月、麻生太郎財務相が衆院財務金融委員会で「肺がんは間違いなく増えた。煙草ってそんな関係あんのって色んな人に聞くんです」と述べて物議を醸した。喫煙と肺がんの因果関係に疑問を示したが、一種のすり替え論に過ぎない。かつてヘビースモーカーだった私は、吸う人の気持ちがよく分かる。しかし煙草はやはり周囲に迷惑をかけるし、健康に良いはずがない。だからやめられるならやめるに越したことはないと思う。

おやじ徹誠一代記
私が断煙したいきさつは、約20年前に遡る。居酒屋で大量の血を吐いて救急車で運ばれて入院。出血性胃潰瘍で内視鏡手術をしたのだが、3日間集中治療室に入った。3日吸わずに辛抱できたのだからやめられると決心できた。まさに災い転じてだった。そして今は煙草を吸いたいと感ずることはない。実はその約5年ほど前、私は1年間断煙したという経験がある。苦労してやめたのに何故復活してしまったのか。2007年に他界した植木等さんが『夢を食いつづけた男―おやじ徹誠一代記』(朝日新聞社)を執筆することになり、伊勢市への取材旅行にカメラマンとして同行した。植木さんに勧められ、初めてあのタレが真っ黒な「伊勢うどん」を食べたところまでは私の精神状態は快調だった。ところが次第にそれが危ういものに変化していったのである。父親の徹誠さんは真宗大谷派の僧侶で、部落解放運動に取り組んだ「水平社」の活動家だった。伊勢市の常念寺住職だったころに治安維持法違反で4年近く投獄されたという。その父親が住職をしていた寺院を訪れた植木さんは、近所の人々と思い出話をしているつちに、感極まり突然泣き出したのだった。きっと子どもだった植木さん自身も辛い時代だったに違いない。連日暗い話が続き、次第に私も気が滅入り、ついに鬱状態に陥ってしまった。そしてふと見かけた煙草店で無意識に一箱購入してしまったのである。

元の木阿弥である。いや、それ以上かもしれない。というのは喫煙量が断煙前より増加、1日に4箱も吸うようになってしまったのである。お酒を飲むとさらに増加、5箱に至る日もあった。まさにニコチン漬けである。では煙草をやめるにはどうしたら良いだろうか? 私の場合、断煙1回目は、口寂しさを紛らわすために、乾物屋で購入した乾燥昆布を切り刻んだものを齧ったりしたものだった。これは本田勝一氏が、駅の売店などで売っているおやつ「都こんぶ」がいいとエッセーに書いてあったのを思い出し、倣ってみたものだった。ニコチンガムが禁煙補助剤として有効だと聞いていたが、私は昆布で何とか凌ぐことができた。ニコチンガム以外にも今日では様々な療法があるらしい。2回目の体験を振り返り、私は私なりに煙草を遠ざける方法を思いついた。こうである。(1)学生なら夏休みなど、社会人ならなるべく長い休みをとれる期間を選び(2)学業や仕事を忘れて外出は散歩程度に抑え(3)静かに1週間程度暮らす。こうすれば昆布やニコチンガム、あるいは他の療法のお世話にならずとも、断煙できるのではないかと私は考える。要するに、学業や仕事の圧力によるストレスが、煙草に手を伸ばすことになると考えるからだ。気をつけなければならないことは、やめると食事が進み、肥満に陥る可能性があることだ。メタボリックシンドロームという伏兵に用心しなければならない。

PDF  東京都受動喫煙防止条例の表示とダウンロード(PDFファイル 389KB)

2018年10月14日

何故ブラウザ Internet Explorer を毛嫌いするのか

この世から消えそうもない不肖のブラウザ

マイクロソフトのブラウザ Internet Explorer(以下 IE)をお使いなら、一昨日投稿した「韓国の国際観艦式で7カ国が軍艦旗を掲揚」の動画を見て欲しい。YouTube の動画をシェアしたが、画面がおそらく真っ黒になっていると思う。埋め込み用のコードをコピー&ペーストしたものだが、Chrome や Fifox は無論、マイクロソフトの Edge でもちゃんと表示される。ネットで拾った対策、キャッシュの削除、セキュリティレヴェルチェック、Flash Player の再インストール、IE の互換表示設定の変更などを試みたが、徒労に終わってしまった。真っ黒な画面に接した訪問者は、それは製作者のミスであり、ブラウザのせいだと考えないだろうう。だから私のようにいろいろ試さないと思う。IE は昔からウェブデザイナーを困惑させてきたブラウザのようだ。上記の件以外に、私は HTML/CSS の記述通りに動かず困った経験を持っている。

ブラウザ市場占有率 2018年9月(Net Applications

マイクロソフトは Windows 10 をリリースした際に、新たなブラウザ Edge を投入した。てっきり IE を淘汰させるための措置と思ったが、どうやらそうでもないようだ。マイクロソフトは7月、IE から Edge への移行を改めて呼び掛けるブログ記事「Internet Explorer の今後について」を公開した。Edge は ActiveX コントロールや VBScript などレガシーテクノロジーに対応していないために、Windows 10 を導入した企業が、こういった技術を利用したい場合、IE 11 にリダイレクトする、エンタープライズモードも提供してきたようだ。しかしサポート終了時期については回答できないという。Chrome との差が開いているが、市場占有率は依然2位である。おそらく Edge に乗り換えず IE を使い続けている一般ユーザーが、余りにも多いからではないかと推測している。それにしても、この世から無くなって欲しいと思う気持ちが募るばかりだ。

2018年10月12日

韓国の国際観艦式で7カ国が軍艦旗を掲揚


帝国海軍を彷彿とさせる海上自衛隊(自衛隊観閲式)
韓国の聯合ニュースによると済州島(チェジュド)できのう11日、国際観艦式が開催され、日本や中国を除く10カ国の軍艦が海上パレードを行った。韓国は14カ国の参加を予定、各国に「自国と韓国の国旗のみ」を掲揚するよう求めていた。これに対し日本は反発、軋轢が生じたまま折り合いがつかず、艦艇派遣を見送ってしまった。艦艇を派遣する予定だった中国も、自国の事情を理由に不参加を表明した。海上自衛隊は旧海軍の軍艦旗である旭日旗を掲揚しているので、韓国はこれを標的にして要請したと思われる。軍艦は停泊中は午前8時から日没までの時間、航海中は常時、艦尾の旗竿ないし斜桁(ガフ)に軍艦旗を掲揚するという。朝日新聞の報道によると、参加した10カ国のうち、オーストラリアやタイなど、7カ国が要請に従わず、軍艦旗を掲げていたそうである。アリランニュースのビデオを見ると、各国の軍艦は艦首ないし艦尾ではなく、中央マストに自国旗あるいは軍艦旗と韓国の国旗、太極旗を掲げてパレードしている。なお韓国海軍は文在寅大統領が演説した艦艇のマストに、豊臣秀吉の朝鮮侵略で豊臣軍を撃破した、李舜臣将軍が使ったものと同じ意匠の旗を掲げた。韓国が反日政策に舵を切ったままである証左と言えるかもしれない。これに対し日本政府は、国旗以外の旗を掲げたのは極めて残念だとし、外交ルートを通じて抗議したという。日韓関係がますますギクシャクし、混迷を深めそうな気配である。今回の騒動によって海上自衛隊艦艇の韓国寄港が実現する見通しが立たなくなった。

意外と使われていない URL 短縮サービス

今年8月までに Bitly が短縮した URL は375億を超えたという

先日「ソーシャルメディア Google+ の墜落」とタイトルした記事をポストしたばかりだが、書き落としたことがある。それは Google の URL 短縮ツール goo.gl も、2019年3月30日以降使えなくなってしまうことだ。実に便利であるだけに残念である。ただ Google+ の件はともかく、なぜ URL 短縮サービスを終了するのか不可解である。Google 内部で何か異変でも起こったのかと勘ぐりたくなる。サービスの終了に伴い、URL が無効になる可能性がある。その点では goo.gl を使った URL は機能し続けるようなのでホッとしている。代替サービスとして Google は次の3つのサービスについて紹介している。
  1. Firebase Dynamic Links (FDL)
  2. Ow.ly
  3. Bitly
FDL は解説を読んでみたのだが、手軽な短縮サービスというイメージではなく、難しそうなのでパスした。というか、まだ goo.gl がなかったころに利用していた Bitly を、すぐ慣れるだろうということで使うことにした。確か Bitly のサイトにアクセス、長い URL をドロップして短い URL を取得したような記憶がある。やや面倒なので Chrome ウェブストアに拡張機能が登録されていたので、これを組み込んだ。短縮 URL とは長い文字列の URL を文字通り短くしたものだが、文字数が制限されてる Twitter などの出現で生まれたようだ。ところが Facebook などを見ていると、意外と使われていないことに驚く。例えば YouTube の動画をシェアする場合、短縮 URL を生成するウィジェットがあるにも関わらず、利用しない人が目立つ。