2019年6月25日

高額で売買される生け捕りのイルカ


ザ・コーヴ (2009年)
静岡新聞によると伊東市のいとう漁協が水族館などで展示飼育するための「生体捕獲」に限定した上で、本年度漁期(10月1日~来年3月31日)にもイルカの追い込み漁を再開する方針を固めたという。国内で追い込み漁を行うのは同市と和歌山県太地町の2カ所になる。いとう漁協には毎年、同庁からの捕獲枠が付与され、昨年はバンドウイルカ34頭、オキゴンドウ11頭などの捕獲が認められた。だが2004年を最後に、捕獲数ゼロが続いているそうだ。その追い込み漁だが、2015年、世界動物園水族館協会(WAZA)がを残酷だと批判、日本動物園水族館協会(JAZA)に除名勧告を行った。映画『ザ・コーヴ』(The Cove 2009)の影響が背景にある。

ピーター・シンガー(1986年)
これを受け JAZA は追い込み漁で捕獲されたイルカの購入を禁止した。会員資格がなくなった場合、希少動物の繁殖などで海外の情報を得にくくなる恐れがあるからだという。ところがこれに反発した新江の島水族館などが、JAZA を退会するという騒ぎに発展した。水族館ではイルカの人気が高く、イルカショーを目玉にしているところも多いようだ。追い込み漁で捕獲されたイルカは、国内ばかりではなく、中国などの水族館も購入しているという。朝日新聞によると昨年6月オープンした新潟県上越市の市立水族博物館は、シロイルカ2頭とバンドウイルカ4頭入手のため9325万円を投じたようだ。集客力を期待した投資なのだろう。いとう漁協のイルカ漁再開は、生きたイルカは水族館などから一定の需要が見込めるという計算があるようだ。イルカの飼育とそのショーに関しては「人工プ―ル飼育では野生状態より寿命が短い」「狭い水槽に閉じ込めるのは可哀そうだ」「イルカに芸をさせることは動物虐待だ」「そもそもヒトが他の動物を飼育展示するのはその権利を奪っている」などの意見があることを留意しておくべきだろう。動物の権利に関し指導的かつ先鋭的な役割を演じてきた、プリンストン大学のピーター・シンガー教授は、動物が痛みを感じたり、喜びを味わったりすることができるかが鍵だという。そして苦痛を感じる動物の範疇の中に魚を入れている。魚を食べるなと言われたらきっと困惑するだろうけど、看過できない警鐘だ。京都水族館で観たことがあるが、イルカショーは反対である。単なる娯楽に過ぎなく、水族館が持つべき本来の目的に反すると感ずるからだ。

2019年6月20日

月火水曜が5回の月は823年に1回という流言

月火水曜が5回の2019年7月のカレンダー

2012年10月のカレンダー
本格的な夏がやってきた。7月のカレンダーを見ると、月曜、火曜、水曜日がそれぞれ5回ある。珍しくもなんともないと思うのだが、インターネットを徘徊していたら Does This Month Repeat Only Every 823 Years?(今月は823年ごとに1回しか巡ってこない月なのか?)という記事が目に止まった。2014年に投稿されたもので、いささか旧聞に属するが、このような月は幸運をもたらすという噂が2012年10月(右図)に登場、以来たびたびインターネット上で流布されてきたという。こんな具合だ。
GOOD LUCK EVERYONE!! This year (2012) October has 5 Mondays, 5 Tuesdays and 5 Wednesdays. This happens once every 823 years. This is called money bags. So copy this to your status and money will arrive within 4 days. Based on Chinese Feng Shui. The one who does not copy, will be without money. Copy within 11 mins of reading. Can’t hurt so I did it. 🙂
2018年1月のカレンダー
曰く「皆さん幸運を! 2012年の今年の10月は月曜、火曜、水曜日が5回ある。これは823年に1回起こる。中国の風水に基づいたもので、財布と呼ばれている。だからあなたの彫像にこれをコピーすれば、4日以内ににお金が転がり込んでくる」云々。しかしなぜ823年に1回なのか、その根拠の出処は不明である。ただ「823年」と「風水」のキーワードで検索すると「金運アップ」のチェーンメールがかなり出回ったことが分かる。ちょっと調べれば分かることだが、大の月、すなわち日数が31日の月(1月、3月、5月、7月、8月、10月、12月)で、最初の日が月曜日なら5回の曜日が3連続する条件を満たす。月曜、火曜、水曜日が5回あったのは、直近では1年半前の2018年1月、そしてこの先は、2021年3月が該当する。従って823年に1回というのは大嘘である。少し気を利かせば怪しい情報と気づくはずだが、どうやら人は断定されると疑うことを忘れる動物らしい。誤情報を発信する側に問題が無い訳ではないが、まずは受信する側が全ての情報を鵜呑みにしないように努めるべきである。私たちの生活に密接に関連する、例えば政治的なフェイクニュースを、政党を含む大がかりな政治団体から個人に至るまで、意図的にたれ流す厄介な時代になってしまったようだ。そういう意味では、拡散作業には慎重さが必要であることは言うまでもない。

2019年6月18日

ウィンドウズ 10 アップデート顛末記


5月21日から Windows 10 バージョン 1903 の提供が始まったが、私のところにも通知が来たのでインストールした。1903 では「Windowsサンドボックス」「パスワードレスのサインイン」「不要なアプリケーションをアンインストール」といった新しい機能が加えられたが、なかでも私が興味を持ったのは「RAW 画像形式のサポート」である。Microsoft ストアから公式の Raw Image Extension をダウンロードしてインストールするだけで、RAW 画像のサムネイルとプレビューを表示できるようになった。この拡張機能は、一般的な RAW 画像フォーマットのほとんどをサポートしているようだ。表示されたサムネイルをクリックすると Windows 10 のアプリケーション「フォト」が起動、写真の整理や閲覧ばかりではなく、明るさや色味の変更、傾きの是正やトリミングなどの写真加工ができる。またプロパティダイアログには EXIF データも示される。撮影したカメラに適応したソフトを起動せずに、エクスプローラのみで作業できるのは便利で有難い。
アップデートして戸惑ったのは、サインイン時に背景画像がボケてしまうことだった。調べてみると、対処方法はレジストリの編集、または透明効果を無効にする、というふたつの方法があるという。レジストリの編集はいささかややこしい。せっかくの透明効果を無効にするのはもったいない。前者の方法については少し勉強してからにしようと思う。そこでサインイン時にロック画面の背景画像表示を「オフ」にして単色に変更。スポットライトと呼ばれる画像はなかなか素晴らしく愉しみだったが、ロック画面のみで我慢と割り切ることにした。どうやらこの変更により、画像の読み込みが省かれたので、起動が若干早くなったような気がする。

Windows 10 言語バー
いくつかの点で、前バージョンの状態に戻ってしまった機能がある。そのひとつが IME 切り替え時に「あ」や「A」が再び一瞬出るようになったことだ。この入力モード切替の通知をオフにしたほうが生理的に好ましい。どうやるのか忘れてしまったのでネット検索したところ、インジケーター領域の言語バーの任意のアイコンを右クリックし、メニューから「プロパティ」を選択し「画面中央に表示する」のチェックを外せばよい、と解説されている。ところが「プロパティ」が出ない。試行錯誤の上、言語バーの一番右、ツールボックスのアイコンを右ではなく、左クリックしたら「プロパティ」が出た。極めて些細なことだが、意外と手こずってしまった。

2019年6月15日

ホルムズ海峡タンカー攻撃と安倍外交の破綻

6月15日午前7時30分(日本時間正午)のホルムズ海峡周辺の船舶

タンカーの消火にあたるイラン海軍艇
船舶追跡サイト VesselFinder でチェックした、現地時間6月15日午前7時30分現在のホルムズ海峡付近の様子である。オレンジ色がタンカーで、ペルシャ湾からオマーン湾にかけて夥しい数の船舶が航行している。13日朝、ホルムズ海峡を通ってアラビア海に向かっていた2隻の船が何ものかによって攻撃を受けた。アラブ首長国連邦のアブダビを出港したノルウェー所有のフロント・アルタイル号と、サウジアラビアのジュバイルを出港した、日本の国華産業が運行するコクカ・カレイジャス号で、現場はイラン南部のバンダルジャスク港沖25カイリ(約46キロ)だった。トランプ米大統領は、米FOXニュースとのインタビューで「イランがやった」と名指しで批判した。ポンペオ米国務長官も会見で「収集した情報や使用された武器などを総合的に分析した結果、イランに責任がある」と断言した。米中央軍はイランの最高指導者直属の精鋭部隊「イスラム革命防衛隊」の船舶が日本のタンカーに接近したとするビデオ映像を公開し「不発だった吸着型の水雷を回収している様子」と主張した。回収した「不発弾」をどの港に運んだかを明かせば、何処の国の作業船か判明する。当然追跡したと思われるので、主張を裏付けたいなら発表すべきだろう。日本経済新聞6月14日付け電子版によると、英政府も「イラン革命防衛隊の一派が2隻を攻撃したことはほぼ間違いない」と発表した。米国同様「独自の情報分析に基づき、確実にイランに責任がある」と結論づけたという。しかし決定的な証拠をまだ示していない。

ハーメネイー師(右)に仲介提言を一蹴された安倍首相
奇しくも安倍首相が「緊張緩和のため」と称してテヘラン訪問中に起きたわけだが、トランプ米大統領と親密であることはイランでもよく知られている。やすやすと提言を受けるはずはない。安倍首相と会談した最高指導者ハメネイ師は「トランプがメッセージを交換するに値する人物だとは思われない」「彼への返事はない。回答しない」と述べて、安倍首相のトランプに依頼された米国との関係修復のための特使としての務めを一蹴したのである。結局なんの外交成果を得られず帰国したが、きょう15日付けの米紙ウォールストリート・ジャーナル日本語版は「両国の対立が一段と不安定さを増すなど、中東和平の調停役としてのデビューは厳しい結果に終わった」と報道。首相の中東外交デビューが、痛い教訓になったと皮肉っている。井筒俊彦『イスラーム文化―その根柢にあるもの』(岩波文庫1991年)で、著者は「接近するイスラームと受け止めない日本、イスラームが歴史的現実としてわれわれに急に近づいてまいりました」と書いている。第2次オイルショックからホメイニー師のイラン革命、そして約8年間も続いたイラン・イラク戦争。これらによってイスラームの政治への関心が高まり、日本人、とりわけ経済人に影響を及ぼし、中近東への注目を促すものとなった。こうして培われた相互理解を、イランと敵対するトランプ米大統領の使い走りになり果てた、安倍首相自身の政治的延命あるいはレガシーのために、友好関係を台無しにして欲しくないと痛感する。

2019年6月13日

何故か妖しいハイブリッド楽器

Pipe Organ Guitar Accordion built by Sam Moore circa 1920 Courtesy of MMRF

Prosper Moitessier 1838
右の写真はヴァイオリンとヴィオラを背中合わせに合体させたハイブリッド弦楽器で、プロスパー・アントワン・モワテシエ(1807-1867)が製作した。フラン語版ウィキペディアによると、オルガン職人だったが、ヴァイオリン製作にも挑戦したという。1838年と記録されているこのヴァイオリン・ヴィオラは、フランスのアルザス・ロレーヌ地方のミルクールにある、ヴァイオリンと弓作りの博物館(Musée de la Lutherie et de l'Archèterie françaises)が所蔵している。極めて独創的な楽器だが、その後普及した痕跡はないようだ。ヴァイオリンは高い絃から順に EADG、ヴィオラは ADGC なので、ADG の3本は共通している。従ってGより5度低いCの絃を張ればもっと単純な、ヴァイオリンとヴィオラ音域をカバーする楽器、すなわち五弦ヴァイオリンができるからだろう。リュート属の弦楽器の場合だと、生涯にわたって評価が高かった、パリの楽器職人で弦楽器演奏家でもあった、ニコラス・アレクサンドル・ヴォボアムII世(1634/46–1692/1704)が製作した、ダブルネックギター(写真下)がユニークである。復絃5コースのバロックギターだが、小さいほうがおおきいほうより音程が五度高いと思われる。まるで母親が子どもを抱いているようだ。現代に引き継がれたダブルネック電気ギターが「双頭の鷲」なら、さしずめ「母子鷹」といった風情だろうか。

Alexandre Voboam 1690
19世紀半ばにウィーンで発達したコントラギターは、通常の6弦のフレット付きのネックに、サブベース弦を張ったフレットレスネックが付いている。これはハープギターとも呼ばれ、ギブソンも1930年代まで製作した。ザ・バンドの解散コンサートを記録した映画『ラスト・ワルツ』の中で、ロビー・ロバートソンが弾いていたのが鮮やかに脳裡に刻まれている。ところで上掲の写真だが、78回転レコードや蝋管の音源情報ブログ "78 Records, Cylinder Records & Vintage Phonographs" に投稿された「ギター・アコーディオン・パイプオルガン」である。写真を提供した音楽制作救援基金(Music Maker Relief Foundation)のアーロン・グリーンフッド氏によると、フロリダ州モンティチェロ出身のサム・ムーア(1887-1959)が1920年ごろ作ったという。ムーアは風変りな楽器を演奏したが、残念ながらこの楽器による演奏の録音は残っていないらしい。しかし、もっと残念なのは、この楽器の演奏法の解説がないことだ。アコーディオンを弾くには両手が必要だ。ギターを弾くにも両手が必要。合計4本の手が必要になる。ふたりで演奏するなら、それぞれ個別の楽器のほうがベターだ。実に不可解で妖しい楽器である。その妖しさゆえか、多くのハイブリッド楽器が歴史の彼方に消えている。弦楽器でかろうじて残ったのは、ダブルやマルチネックの電気ギターぐらいかも知れない。カテゴリ―を広げれば、ドラムスが思いつく。英語の Drums が明示しているように、複数の楽器が合体した打楽器である。一台で異なった楽音を合成、奏でることができる電子楽器がいろいろある。100年にわたる歴史を経て成熟、現在の形になったシンセサイザーは、やはり究極のハイブリッド鍵盤楽器と呼んでよいかも知れない。