2018年11月19日

上七軒のお茶屋「吉田家」の切ない思い出

勝恵美(北野天満宮)1995年4月

第67回北野をどり(クリックで拡大)
上七軒の「茶ろん」にふらりと立ち寄った。歌舞練場の中庭に面する一角に喫茶室として佇んでいる。上七軒は北野天満宮の東側に軒を並べる小さな花街だが、懐かしくも切ない思い出がある。京都には祇園甲部、先斗町、上七軒、宮川町、祇園東の五つの花街があるが、このうち歴史的に一番古いのが上七軒である。かれこれ35年も前になるだろうか。こじんまりしたたたずまいに惹かれた私は、大正時代、同じ舞妓同士だった仲の祇園甲部の女将に紹介してもらい、上七軒のお茶屋「吉田家(よしだや)」に通うようになった。その当時は「おっきいおかあさん」こと大女将の吉田悦子さん、そして「ちっちゃいおかあさん」こと娘の泰子(ひろこ)さんが切り盛りをしていた。上七軒は戦後舞妓が途絶えたが、泰子さんがその復活一番バッターになった。舞妓を卒業したあと、東京新橋の「金田中」に修行に出た。新橋演舞場のすぐ横にあるが、佐藤栄作元首相がここで倒れて有名になった料亭である。大女将の悦子さん自身も昔は舞妓だったが「ウチは舞妓極道どす」というくらい舞妓好きであった。

福鶴と勝喜代さん(1997年4月)
そして待望の舞妓を生み出したのである。それが勝悠喜(かつゆき)さんだった。泰子さんには子どもがなく、この勝悠喜さんを養女にして、将来の女将にするつもりだったようだ。しかしそれは夢のまま終わることになる。2001年の春ごろ吉田家は店仕舞いをした。泰子さんの健康状態が悪化したためだった。その前年の12月、私は「イスタンブル素描」という個展を開いたが、唯ひとりプリントを購入してくれたのが彼女だった。翌秋になって泰子さんは他界した。脳腫瘍だった。数年後、母親の悦子さんもこの世を去った。そして祇園、先斗町、上七軒と流転した、私のお茶屋遊びに終止符が打たれたのである。吉田家は医師・藤村直樹さんの斡旋で売却され、現在は豆腐料理店になっているが、お茶屋の趣はそのまま残っている。ふたりを看取っ藤村直樹さんもこの世にいない。亡き人といえば、勝喜代(かつきよ)姐さんも懐かしい。80歳代後半に至るまで踊り続けた、京都では最高齢の現役芸妓だったが、2016年に他界した。来年3月25日から「北野をどり」が始まる。鬼に笑われそうだが、観覧しようかなと思っている。

2018年11月15日

初期ミンストレルから現代バンジョーへの変遷

Dan Bryant (1833–1875) ca. mid-1800s

Banjo built by William Boucher Jr., Baltimore Maryland, 1845
ウェブサイト "Minstrel Banjo" に掲載されているミンストレルパフォーマのダン・ブライアント(1833–1875)の写真である。撮影年月の記述はないが、ブライアントがブロードウェイで初演をしたのが1857年だから、その前後だと思われる。注目すべきは、瓢箪バンジョーを手にしていることである。南部の農園で奴隷たちが使っていた楽器である。1785~1795年ごろに描かれた、サウスカロライナ州の農園で踊る奴隷の水彩画に、瓢箪バンジョーが描かれているが、それがそのままミンストレルに使われた証拠として興味深い。ミンストレルは黒塗りメイクの白人が演ずるショーだったが、黒人の楽器だったバンジョーを使ったのが特長だった。ミンストレルにバンジョーを取り入れたのはジョエル・スウィーニー(1810-1860)と言われている。瓢箪ではなく木製の円形リムに皮を張った、今のバンジョーに近い楽器だった。1847年の「スウィーニーズ・ヴァージニア・メロディー」に描かれているが、姪のために作ったものという説もあるようだ。

Earl Scruggs (1924–2012)
その真偽はともかく、ウイリアム・バウチャー(1822–1899)が1845年に製作したバンドジョーを使ったようだ。これは現在メトロポリタン美術館に保存されている。バウチャーはドイツ出身だったが、メリーランド州ボルチモアでドラム製造業を営んでいた。ギター製作家のヨハン・ゲオルグ・シュタウファー(1778-1853)とクリスチャン・フレデリック・マーティン(1796-1867)が使用したものと同様のスクロールペグヘッドを追加した。そして瓢箪のボディを、ドラムヘッドに使用されているのと同様の、ネジ締めブラケットで薄く曲げた、リム構造に置き換えたのである。バウチャーの革新は大量生産を可能にし、都会の音楽のテイストに適応、その後のバンジョーの世界的な普及に大きな役割を果たしたのである。黒塗りメイクのミンストレルは人種差別と批判され、20世紀初頭に姿を消したが、アメリカのショービジネスの礎になった。バンジョーがその後の音楽産業に果たした役割は大きい。大きな音とサスティンが得られるリゾネータが装着されるなど進化する。そしてアール・スクラッグス(1924–2012)が編み出したスリーフィンガー奏法により、ブルーグラス音楽の花形楽器となった。その一方、古い演奏スタイルも再評価され人気がある。さらにアメリカの民族楽器という範疇を超え、アイルランドやオーストラリア、そして日本など、バンジョーは広く世界中の人々に愛されるようになった。

2018年11月13日

音楽研究家エリック・サックハイムの思い出


The Silent Firefly(クリックで拡大)
アメリカの政治については複雑な思いが交錯するが、音楽に関しては文句なしに好きだ。アメリカンルーツ音楽に関するブログを持っているが、アメリカ人が相撲や歌舞伎のブログを作ってるのと同じだと思う。高校生のころだったが、FEN(米軍極東放送網)から流れてきた軽快な5弦バンジョーの響きに惹かれのが始まりだった。それはのちにブルーグラス音楽ということがわかり、大学に進学した翌年の1963年、病嵩じてC&W研究会なるクラブを結成した。卒業後もこの音楽から離れることができず、さらにオールドタイム音楽へと範囲を広げ、一時はカリフォルニア大学ロサンジェルス校民俗学センターにあったJEMF(ジョン・エドワーズ記念基金)の研究機関に加わったりした。上掲のジャケット写真は、1963年にリリースされた、チャールズ・リヴァー・ヴァレー・ボーイズの「ブルーグラス&オールド・タイミィ・ミュージック」 (Prestige Folklore FL-14017)である。このレコードの録音に参加していないが、グループ創設者のひとり、ハーヴァード大学で日本語を学んだエリック・サックハイムが、フルブライト奨学金で60年代初頭に来日した。確か1963年あるいは64年、早稲田大学CBS(Country, Bluegrass & Sacred)ファミリー主催のコンサートで彼の演奏を聴いたことがある。フラットマンドリンがなかったのだろうか、胴が膨らんだクラッシックのマンドリンによる弾き語りだった。東洋思想に傾倒していて、東京からインドに渡ったようだ。音楽学者で "The Silent Firefly: Japanese Songs of Love and Other Things (1963)" などを著している。彼のような立派な書籍を書いてるわけではないが、学生時代 "Blue Grass" という謄写版刷りの小冊子を出したことがある。音楽研究の道を歩むという夢は叶わず、写真を生業にしたが、音楽が東西を飛び交うことは素晴らしいと痛感している。

2018年11月11日

オーストラリアのアマ写真家が撮影した20世紀初頭のカラー写真


ウィリアム・A・ガリック
写真はウィリアム・アップルゲイト・ガリック(1858–1922)が撮影したカラー写真で、娘のメアリ、ゾーイ、マジョリー、クロエがモデルになっている。ガリックはオーストラリアのニューサウスウェールズ州の印刷業者で、切手の発行およびインスペクタだった。そしてアマチュア写真家でもあり、ニューサウスウェールズの紋章をデザインしたことで知られている。彼はオートクロームを使ってカラー写真を撮影している。オートクロームはフランスのリュミエール兄弟によって発明され、1903年に特許を取得した最初期のカラー写真技法。1907年に写真乾板の形式で一般に販売が開始され、コダックがコダクロームを販売する1930年代までは、市場においてはほぼ唯一のカラー写真であった。撮影が1909年であるなら、ガリックはいち早く新しい技法を取り入れたことになる。じゃがいもの澱粉を三原色に染めたものを均一に混ぜ、ガラス板に散布したのちに、黒い粉を乗せて、光を遮断。その上をニスと感光性のある乳剤で覆って原板を作り、撮影したあとに反転現像処理すると、カラーのポジ画像が得られる。手順が複雑で普及しなかったが、ガリックのような裕福なマチュア写真家などが主な使い手であった。娘たちに色違いドレス着せている点に工夫の跡が窺われる。

2018年11月10日

徴用工判決問題に垣間見る日本政府の焦り

韓国最高裁の判決を待つ元徴用工の原告(前列中央)©Kim Hong-Ji/REUTERS

河野外務大臣の韓国批判が止まらない。今月9日の記者会見で、韓国最高裁が確定判決で新日鉄住金に賠償を命じた元徴用工訴訟の原告について「募集に応じた方で徴用された方ではない」と述べた。つまり戦時中の朝鮮半島での動員には「募集」「官による斡旋」「徴用」の3段階があったと説明、自民党からは「原告らは『募集工』と呼ぶべきだ」との声が上がっていたからだという。東洋経済オンラインに寄せられた、東京新聞論説委員の五味洋治氏の記事「徴用工判決が突きつける『日韓国交正常化の闇』韓国大法院判決全文の熟読で分かったこと」によると、原告のうち2人は1943年頃、旧日本製鉄が平壌で出した大阪製鉄所の工員募集広告を見て応募した。「2年間訓練を受ければ、技術を習得することができ、訓練終了後、朝鮮半島の製鉄所で技術者として就職することができる」と書かれていた。しかし実態は「1日8時間の3交代制で働き、月に1、2回程度外出を許可され、月に2、3円程度の小遣いが支給されただけ」だったという。今回の訴訟は「原告らは被告に対して未払賃金や補償金を請求しているのではなく、強制動員への慰謝料を請求している」(判決文)のであり、日本による統治を「不法」としている韓国では、1965年の請求権協定に含まれていない慰謝料を請求できる、という論理構成になっているそうだ。また韓国のハンギョレ新聞は「日本政府、専門家には個人請求権の実体を認めながら一般大衆には『韓日協定で解決済み』と説明」「国際司法裁判所へ行っても日本が負ける可能性ある」という戦後補償問題を取り上げてきた山本晴太弁護士にインタビューを掲載している。これらを読むと、河野外務大臣や多くの日本メディアの韓国批判は、いささか過剰に過ぎるのではと疑問を抱いてしまう。海自艦の旭日旗掲揚拒否問題以降、対韓国外交に日本政府の焦りを感ずるのは私だけではないと思う。