2020年1月18日

マイクロソフトの Edge がグーグルの Chrome を凌駕

ブラウザ Microsoft Edge の新しいロゴ

生まれ変わったマイクロソフトのブラウザ Edge が入手可能になった。更新サイトにアクセスしたところ、英文のタイトルと概要説明が展開してちょっと躊躇ったが、Download ボタンを押したら日本語のページに切り替わった。さっそくダウンロードしてインストールした。ブックマークは何もしないと旧 Edge のそれが引き継がれるようだが、現在メインに使っているグーグルの Chrome からインポート、同じ感覚で使えるようにした。起動して驚いたのが、実に動きが速いことだ。グーグルのオープンソースである Chromium エンジンを下敷きにしているのだが、本家より速いのではないかと思ったほどである。マイクロソフトの Windows Blog にアクセス、グーグルの Octane 2.0 と、アップルが開発した JetStream によるベンチマークテストの結果を見てみた。いずれもマイクロソフトの Edge が最速となっている。

画像をクリックすると拡大表示されます
アクセスしたことがないサイトからのトラッカーをブロックできる設定になっている点も注目に値する。新しい Edge で当ブログにアクセスしてみたが、4個のトラッカーをブロックしていることが分かった。デフォルトでトラッキングされないというのは Chrome を凌駕していると言えそうだ。昨日は阪神淡路大震災から25年目の日だったが、1995年に Windows 95 が発売されたことが脳内で連動している。その前の MS-DOS を加えると、マイクロソフトと何年付き合ってきただろうか。スティーブ・ジョブスを尊敬しているが、ビル・ゲイツは好きになれない。しかしその開かれたプラットフォームを評価している。

Microsoft  Windows 10 用 Chromium ベースの新しい Microsoft Edge のダウンロードとインストール

2020年1月14日

自衛隊の中東派遣に潜む憲法9条改悪の謀計

反戦ポスター「新しい戦争放棄」(A3BC: 反戦・反核・版画コレクティブ

政府は国会の承認が必要ない自衛隊法の「調査研究」を使って自衛隊を中東に送り出した。哨戒機2機と護衛艦を派遣しただけで「中東の海域が安全になる」とは考え難いが、安倍晋三はもしかしたら自衛隊が戦闘や攻撃に巻き込まれることを期待しているのかもしれない。自衛隊が国家に属する集団から攻撃を受け、武器を使用して反撃すれば、自衛隊は自衛権を行使することになる。そうなれば残り少なくなった任期中に、悲願の改憲へと勝負をかけることができるからだ。朝日新聞によると、今月7日、安倍晋三は自民党の仕事始めで
桃栗3年。お陰様で桃や栗は収穫することができた。国民のために8年間力を合わせて柿の収穫を行いたい。ゆずは9年の花盛り、このゆずまでは責任を持ち、大きな花を立派に咲かせていきたい
と挨拶したという。安倍晋三は来年9月に党総裁任期を迎えるが、それまでに改憲の発議はしないという発言に聴こえる。ところが、続けて「さらにその先も実はある。梅はすいすい13年、梨はゆるゆる15年。こういうものの収穫は、みなさん中心に収穫を得てもらいたい」と付け加えたそうだ。アなんのことはない、4選を果して改憲を進めるという宣言なのである。行政府の長なのに「私は立法府の長」などと虚言を繰り返しているが、憲法改正を「私の手で成し遂げる」と発言している。自分の権限も役職も理解していないのだが、嘘を嘘と自覚していない安倍晋三を首相の座から引き下ろすパワーがこの国に求められている。憲法9条を守ろう。

PDF  藤井正希:平和主義(憲法9条)の法解釈論(集団的自衛権を中心にして)の表示とダウンロード

2020年1月12日

電子書籍リーダー Doly を使ってみた

和辻哲郎「古寺巡礼」(Doly版)

電子書籍は様々な問題を含んでいるが、文字を大きくすることができるという点、老眼には誠に有難いメリットがある。また多量の書籍を持ち運べるという利点を感ずる人が多いと想像している。嵩張らないから書棚の必要がない。これは音楽 CD あるいはアナログレコードと、電子音源との関係に似ている。タブレットに2,000曲以上の楽曲を入れているが、ファイル形式が MP3 のせいか、ストレージを侵食しない。書籍データだが、アマゾンの Kindle paperwhite 32GB の場合、テキストのみの小説がなんと3万冊以上も入るそうである。紙の印刷物、例えば文庫本ならどのくらいの量になるだろうか、ちょっと想像がつかない。アマゾンの端末は持っていないが、Android タブレットに Kindle のデータを入れている。ヨドバシカメラも電子書籍を扱っているというので、試しに専用リーダー Doly をインストールしてみた。タブレットで購読した限りでは、Kindle アプリケーションと大差がないような感じである。この点は問題ないのだが、書籍数が圧倒的に少ないのがやや残念である。ただヨドバシカメラでのポイントが使える点は惹かれるものがある。英語の Doly はどんな意味があるのだろうか。私は Dolly すなわちカントリー歌手のドリー・パートンを連想してしまった。

android  ヨドバシカメラ電子書籍リーダー Doly のダウンロードとインストール(Android 4.1 以上)

2020年1月9日

商業レコーディング開始前後のカーター・ファミリー

Madge Addington and Sara Dougherty, ca. 1919.

この写真はノースカロライナ大学チャペルヒル校附属図書館の "Southern Folklife Collection" が所蔵する史料だが、ブログ "Field Trip South" に「サラ・カーター(バンジョー)と従妹のメイベル(オートハープ)1919年ごろ」という説明がついている。しかしこれは間違いである。メイベル・アディントン(1909-1978)は1919年の時点では、9歳ないし10歳だったからである。別の資料、米国の音楽におけるカーター・ファミリーのレガシーを記述した、マーク・ゾニッツァー著 "Will You Miss Me When I'm Gone?" によると、サラ・ダウアティー(1898-1979)は10代のころ、近所に住んでいた従妹のマッジ・アディントンと伝承音楽を演奏するグループを作っていた。マッジの生年月日が不明だが、28歳の若さで他界したという。ここまで書くとお分かりだろうか、メイベルはマッジの妹だったのである。サラはアルヴィン・プリーザント・デレーニー・カーター(A.P.カーター:1891-1960)と1915年に、そしてメイベルは A.P. の弟、エズラ・カーターと1926年に結婚した。写真を見るとサラがバンジョーを手にしているが、その録音は残っていない。マッジが膝に乗せているオートハープは、メイベルも使っていたオスカー・シュミット社の "Appalachian" かもしれない。

オリジナル・カーター・ファミリー
1927年、RCAの辣腕ディレクター、ラルフ・ピア(1892–1960)がテネシー州ブリストルでオーディションを行った。後に「ブリストル・セッション」と呼ばれるようになったヒストリカル・レコーディングで、2週間にわたって行われた。これに応募したのが、A.P.カーター夫妻と、ふたりに説得されて参加した妊娠中のメイベルだった。これをきっかけに一躍有名になった彼らは、ラジオとレコードとう新しいメディアを通じて文字通り一世風靡することになる。そして17年間に "Worried Man Blues" "Will the Circle Be Unbroken" などの名曲300余りを残すことになった。彼らの特長はメイベルとセイラのコーラスにAPのバスないしバリトン・ハーモニーが加わった独特のヴォーカルにあるが、メイベルのギター奏法を見逃すわけにはゆかないだろう。楽器はギブソン L-5 だったが、低音絃でメロディを奏でるピッキングはその後のブルーグラスギター奏法の基礎となった。一家は1938年まで故郷ヴァージニア州クリンチマウンテンに留まったが、3年間テキサス州に住んだあとノース・カロライナ州チャーロットに居を構えている。グループによる最後のラジオ出演は1942年、以降メイベルが3人の娘と演奏活動を継続してカントリー音楽の女王と呼ばれるようになったのである。

radio  The Carter Family: Will the Circle Be Unbroken Image Gallery (PBS American Experience)

2020年1月7日

閲覧者が1,500人を超えた Facebook ページ

ページへの「いいね!」がやっと 1,500 に達した

ソーシャルメディア Facebook で私が管理しているページ「アメリカンルーツ音楽」の閲覧者が、きょう未明に1,500人を超えた。なぜ日本人がアメリカ音楽のページを、と不思議に思う人も多いと思う。同サイトには外国人が作っている「浮世絵」や「日本のヲタク文化」のページもあるし、そういう意味では別に不思議ではないと思っている。ページを「いいね!」した人の性別と年齢の集計データを見てみよう。ユーザーのプロフィールに記載されている情報に基づいて集計された推定値である。男女とも65歳以上の高齢者が一番多い。ソーシャルメディアは若者というイメージなので意外だ。高齢者ほど時間に余裕があるのか、それとも Facebook 特有のユーザー分布を反映しているのだろうか、どうもよく分からない。
管理人が日本人と知った人から「日本語で」というメッセージが届いたことがあるがが、外国人のほうが多いので、と返信したこともある。国別アクセスのベストテンは次の通りである。( ) 内は人数。
  1. アメリカ合衆国(888)
  2. 日本(108)
  3. イギリス(55)
  4. カナダ(37)
  5. オーストラリア(33)
  6. イタリア(32)
  7. フランス(23)
  8. ドイツ(18)
  9. インド(16)
  10. スペイン(16)
イタリアやフランス、ドイツなどのヨーロッパを除けば、英語圏からのアクセスが圧倒的に多いことがお分かりいただけると思う。閲覧者が1万を超えるページがざらにあるが、1,000人はマイルストーン、日本流にいえば一里塚だと思う。それでは1,500人は何と呼んだらいいのだろうか。創設が昨年の1月31日だから、1年の歳月を費やしたことになる。次のマイルストーンは2,000人だが、さて、いつ達成するだろうか?