2019年4月22日

京都平野神社植物誌

新緑のムラサキシキブ(Callicarpa japonica)京都市北区平野宮本町

ツツジ(Rhododendron L.
初夏を彷彿とさせる陽気に誘われて、近くの平野神社に出かけた。普段の外出時はコンパクトカメラのみだが、思うところがあり、マクロレンズを付けた一眼レフを携行した。現住所に引っ越したのは十数年前だった。その前は上京区千本通一条に住んでいたのだが、近い割に寄ることは少なかった。京都市内では最も早く咲く枝垂れ桜「魁(さきがけ)桜」を撮影することが稀にあった。また大晦日から元日にかけ、北野天満宮に参詣したついでに、この神社へ初詣の梯子をするのが常だったが。社殿の南側の外苑が桜の名所だけど、シーズン中に建てられる花見茶屋の雰囲気がどうしても馴染めなかった。それは今でも変わらない。看板その他の派手な色彩が折角の桜の風情を明らかに殺してしまうからだ。酒宴に耽る人々にはお似合いかもしれないが、とてもじゃないけど静かに鑑賞できない。このことをお花見シーズンが始まる前に書こうと思ったが、なんとなく「営業妨害」染みてる気がして遠慮してしまった。その代わりとでもいうのだろか、東側の桜苑は鉄柵に囲まれ、桜などの植物が保護されている。今年からお花見シーズンに限って有料となった。

ヤマブキ(Kerria japonica
社寺の庭などに対する拝観料については様々な意見がある。しかしこの桜苑に関しては、樹木の養育のためベターな措置で、有料もやむなしである。引っ越しして以来、私はこの桜苑に寄ることが慣わしになった。敢えて通うという訳ではなく、お気に入りとなったパン屋で買い物をした帰りとかではあるが。そしてタンポポに始まり、桜以外の折々の草花に次第に惹かれるようになり、気まぐれにシャッターを押すことになった。例えば平安神宮の神苑に見られるような整然はここにない。野草であったり、園芸種であったりするのだが、雑然を装った四季のミニパノラマは誰の演出であろうか。市が運営している「京都観光Navi」に花だよりのコーナーがあるが、平野神社の情報が載るのは、おそらく桜だけではないだろうか。それはともかく、今日はタンポポ、ヤマブキ、シャガ、そして開花したツツジ、秋に実が熟すと紫色になる、新緑のムラサキシキブなどにレンズを向けた。できれば引き続き、気まぐれながら折に触れ、平野神社の植物誌をお届けしたいと思っている。

2019年4月21日

タンポポの綿毛の建築学

京都府立植物園(京都市左京区下鴨半木町)

母親が死の床に臥す前の、まだ元気だったころ、帰郷した帰り道で娘が道端のタンポポの綿毛を撮った。その写真が気に入ったので、月刊誌『アサヒカメラ]の子ども向けコンテストに応募を奨めたところ、私の思惑通り入賞した。タンポポの綿毛はとても魅力的だ。種子が集まったもので、構造はドームと同じだという。息を吹きかけるとたちまち形が崩れ、種子がバラバラになって、空の彼方に飛んで行く。その姿もまた可愛らしく、そして愛おしい。子どものころ、好奇心で目覚まし時計を分解し、元に戻せなくなって泣いたことがある。しかしタンポポのドームはそれどころではなく、種子を集めて修復というのは絶対に無理だと思う。イスタンブルで拝観したモスクのドームは、建築学的に優れていてひどく感心した。しかし風を受けると分解して拡散す技術を、人間は模倣できないだろう。初夏を感じさせる陽を浴びながら、自然の神秘に触れた思いがする。

2019年4月20日

アインシュタインと女神カーリーの舌

Albert Einstein Signed Photograph by Arthur Sasse 1951

A. Einstein by Andy Warhol
アルバート・アインシュタインが舌を出している写真をプリントしたTシャツやポスターなどを、一度は見たことがある人が多いと思う。72歳の誕生日、1951年3月14日、ニュージャージー州プリンストンで UPI のアーサー・ザッセが撮影した写真が元になっている。プリンストンには大学とは別の、アインシュタインが研究活動した高等学術研究所があるが、そこが祝賀会場だった。群がる写真家に笑顔を振りまくのにウンザリしてイベント会場を逃げ出し、高等学術研究所のフランク・エイデロッテと、その妻マリー・ジャネットと車の後部座席に乗り込んだ。ザッセがすかさずカメラを向けると、アインシュタインは舌を出した。新聞に掲載されたこのスナップをアインシュタインはいたく気に入ったようだった。UPI に手紙を書き、両脇に写っているエイデロッテ夫妻を外してトリミングした、プリント9枚を注文した。上掲のサイン付き写真はそのうちの一枚で、アメリカの放送ジャーナリストで、政治評論家、そして俳優でもあったハワード・K・スミスにプレゼントされたものだ。万年筆で "Diese Geste Dir gefällt, Weil sie gelt der Menschenwelt, Der Civilist kann sich's leisten, Kein Diplomat kann sich's erdreisten. Ihr Freund und dankbarer Zuhörer, A. Einstein, 53."(全人類に向けられたこのジェスチャーを好きになるでしょう。民間人ゆえに、外交官があえてしないことをする余裕を持つことができます。忠実にして感謝、あなたのリスナー、A・アインシュタイン、53年)と書かれている。ハワード・K・スミスは当時 CBS の支局長だったが、晩年のアインシュタインは、毎週日曜に放送されていた彼のニュース番組を聴いていたようだ。

Sticky Fingers (Rolling Stones Records ‎– COC 59100) 1971

Kali: Goddess of Time, Power & Destruction
アーサー・ザッセが撮影したアインシュタインの写真から、私はローリング・ストーンズのロゴを連想したことがある。真っ赤な舌と唇のイラストは、アインシュタインのそれのパロディじゃないかと長い間誤解していた。ジョン・パスケが 1971年に制作したものだが、いささか悪趣味とも言えそうなデザインである。ところがマイナスイメージにならず、ローリング・ストーンズの象徴に昇華、50年弱に渡ってファンに愛されてきた。彼らが設立したローリング・ストーンズ・レコードから、1971年にリリースされた初のスタジオ・アルバム『スティッキー・フィンガーズ』 (Sticky Fingers) のライナーノーツに使われた。モチーフはミック・ジャガーの舌にインスパイアされたものとも言われてるが、そうではない。彼がパスケに、ヒンドゥー教の女神カーリーを使うように助言したようだ。ビートルズをはじめ、多くのミュージシャンがインド思想に傾倒した時代だった。それにしてもカーリーは血と殺戮を好む戦いの女神。シヴァ神の妻の一柱であり、カーリー・マー(黒い母)とも呼ばれている。シヴァ神を踏みつけ、生首を持ち、舌をベロリと出して踊りまくっている絵を見ると、恐ろしい女神を想像してしまう。残忍で醜悪であるにも関わらず、実はインドでは人気もあり信者数も多いメジャーな女神なのである。敢えて奇をてらったようにも窺えるが、ミック・ジャガーの面目躍如が隠されている。事実、世界で最も浸透したロゴのひとつとなった。ジャケットをデザインしたのがアンディ・ウォーホルだったため、このロゴの制作に関係したと勘違いしている人がいるようだが、当時若干24歳、無名ながらミックと意気投合した大学院生が考案者だった。

2019年4月19日

生かそう憲法 守ろう9条 5・3 憲法集会 in 京都

画像をクリックすると拡大表示されます

日 時:2019年5月3日(金・祝)13:30~(雨天決行)
会 場:円山野外音楽堂京都市東山区円山町)075-255-9939
講 演:小森陽一(九条の会事務局長)手話通訳があります
演 奏:京都うたごえ協議会~平和のバトン~
デ モ:円山公園(15時すぎ出発)⇒四条通⇒河原町通⇒京都市役所前
主 催:憲法9条京都の会安倍9条NO!全市民アクション・京都
照 会:Phone:050-7500-8550 Fax:075-603-8135 Email:kenpo@9-kyoto.net