2017年7月24日

エリス島の移民の写真が捉えた民族の多様性

Photos by Augustus Sherman ca.1905-1914 Courtesy of the New York Public Library

エリス島と言っても日本人にとって馴染みが薄いかもしれない。しかし大多数のアメリカ人は、ニューヨークのアッパー湾内にある、自由の女神で有名なリバティー島から1キロほど離れた島であることを知っているに違いない。アメリカ合衆国移民局が置かれていたことで知られ、19世紀後半から60年余りの間、ヨーロッパからの移民は必ずこの島からアメリカへ入国したからである。1892年から1925年にかけて、移民局の事務官だったオーガスタス・シャーマンは、無数の記録文書を残した。とりわけ興味深いのは、彼が撮影した200枚以上の移民の写真である。プロの写真家ではなかったが、紛れもない才能を持っていたと言える。尋問のために拘留された被験者の写真は、アメリカが様々な国から移民を受け入れたという史実の証となっている。ヨーロッパからの移民というと、イギリスやアイルランドを連想しがちだが、北欧からロシア、地中沿岸諸国、果ては北アフリカまで、その範囲は広きに渡っている。とりわけ貴重なのは、移民が纏っている民族衣装である。アメリカは人種の坩堝(るつぼ)すなわち多民族国家であるが、そのルーツを写真が饒舌に語っている。

flickr
Ellis Island Photographs: Many photographers were drawn to Ellis Island by the general human

2017年7月21日

米国議会図書館が日本の木版画を無料公開

歌川芳虎『外國人物盡』亜米利加・南京(1861年)

米国議会図書館が浮世絵や錦絵など、1915年以前の日本の木版画2,500点を無料公開、非営利目的ならダウンロードして自由に使えるようになった。日本の木版画、特に浮世絵は大量に海外に流失した。その時期は明治初期と第二次世界大戦後の二度に分かれる。浮世絵は本来庶民の娯楽手段だったが、一部の好事家で浮世絵の技術を好んだ人が蒐集や保存していたものが、幕府崩壊で扶持を失うとか生活に困り、手なばしたものが海外に流失した。そして戦後は華族や有資産家の生活苦から資産の分売が起こり、この時も色々な文化財が流出したと言われている。まことに残念な歴史的事実だが、海外の公的美術館が保持、鑑賞でき、さらにデジタル化して公開しているのは不幸中の幸いかもしれない。そのデジタル画像アーカイブだが、ボストン美術館もそうなのだが、すべての解説が英文であることに戸惑う。日本語の説明をというのは土台無理な話だが、例えば「小林清親『百撰百笑』手酷い潰し形」は "Kobayashi, Kiyochika, 1847-1915, Tehidoi tsubushigata" となっている。研究者ならともかく、私のような素人には原題や作者名を探すのに一苦労する。さて米国議会図書館の画像アーカイブだが、その特長は圧縮形式 JPEG の他に、無圧縮の TIFF 形式も用意されていることである。ファイルサイズが大きくなるが、こちらのほうが汎用性が高いと思われる。

The Library of Congress  Library of Congress Fine Prints: Japanese, pre-1915

2017年7月18日

三条堺町のイノダっていうコーヒー屋へ行かなくちゃ

イノダコーヒ本店(京都市中京区堺町通三条下る)

私はコーヒーが好きである。そして京都の古い喫茶店が好きである。四条河原町界隈の「フランソワ」「ソワレ」「築地」、西陣の「静香」、京大前の「進々堂」、そして三条通界隈の「六曜社」や「イノダコーヒ」など、それぞれ特徴があり、魅力的である。ところで最近、スターバックスが二寧坂の京町家を利用した店を出して話題になったが、行くつもりは毛頭ない。何故か。スターバックスは京都に何と26も店舗を有している。そのスタイルは、ある種、日本の喫茶店文化を浸食しているといっても過言ではない。そして遺伝子組み換え作物で悪名高いモンサント社をめぐり、2014年11月24日、ニール・ヤングが公開書簡で 「さようならスターバックス」と宣言、自らの公式サイトに「これまで毎日列に並んでラテを買ってきたが昨日が最後になった」と訴えて話題を呼んだ。尊敬するミュージシャンの排斥運動だけに、大いなる刺激と影響を受けたのは言うまでもない。それ以来、スターバックスから足が遠のいてしまった。
三条へ行かなくちゃ
三条堺町のイノダっていうコーヒー屋へね
あの娘に逢いに
なに 好きなコーヒーを少しばかり

お早よう かわい娘ちゃん
ご機嫌いかが?
一緒にどう 少しばかりってのを
オレの好きなコーヒーを少しばかり

いい娘だな
本当にいい娘だな
ねえ あついのをおねがい
そう あついのをおねがい
そう 最後の一滴が勝負さ
才レの好きなコーヒーを少しばかり

あんたもどう?
少しばかりってのを
これは亡き高田渡さんの名曲『珈琲不演唱』(コーヒーブルース)だが、残念ながら彼とイノダでコーヒーを飲んだことはない。東京に住んでいたころ、吉祥寺の「ボガ」によく一緒に行ったことを懐かしく思い出す。お酒とコーヒーが好きな人だった。イノダを歌った『珈琲不演唱』はずいぶん店の宣伝になったと思われるが、頼まれて作ったCMソングでは決してない。一番美味しいコーヒーいれ方と訊かれれば、迷わず片ネルで濾す、と答えることにしている。本店のすぐ近くにあるイノダ三条支店では、ドーナツ状の円形カウンターの内側で、片ネルのドリッパーを使って淹れている様子がよく見える。コクと香りがあり最高である。嗚呼、コーヒーが飲みたくなった、三条へ行かなくちゃ、三条堺町のイノダっていうコーヒー屋へね。

video  高田渡『珈琲不演唱』(コーヒーブルース)1971年

2017年7月15日

生物多様性アクション大賞 2017活動募集


募集期間2017年7月15日(土)から9月18日(月)まで
募集対象日本国内に活動拠点がある団体・個人
応募資格日本国内を拠点とする活動であること
生物多様性の保全や持続可能な利用に貢献する活動であること
応募の段階で活動実績があること
継続性が見込まれること
特定の政党や宗教の布教を目的として活動する団体ではないこと
公序良俗に反する活動ではないこと
実施部門たべよう部門
ふれよう部門
つたえよう部門
まもろう部門
えらぼう部門
主催団体国連生物多様性の10年日本委員会
特設サイトhttp://5actions.jp/award2017/

2017年7月14日

第16回京都現代写真作家展 京都写真ビエンナーレ2017 作品募集

画像をクリックすると拡大表示されます

応  募:2017年9月1日(金)~9月15日(金)消印有効
会  期:2017年12月13日(水)~12月17日(日)
会  場:京都文化博物館5階(京都市中京区三条通高倉角)075-222-0888
主  催:京都府・京都現代写真作家展実行委員会

PDF  応募案内(PDF 3.31MB) 表紙(PDF 2.10MB) の表示とダウンロード