2014年10月9日

モノクロの歴史的写真のカラー化で知るそれぞれの特質

Country store on dirt road. North Carolina, July 1939 by Dorothea Lange. (Library of Congress)

もし写真術がカラーから始まっていれば、果たしてモノクローム写真は生まれただろうかと思うことがある。絵画と違って写真術はモノクロームから始まったが、黎明期からカラ―への希求があったようで、人工着色の写真がもてはやされた時代もあった。しかし今日では、カラ―フィルムがあるにも関わらず、モノクロフィルムを使い続けてる人は多い。現在のデジタルカメラは、ライカMモノクロームのような例外を除けば、カラ―写真を作ることを前提にしている。しかし「モノクロ撮影モード」を使ったり、撮影後に画像処理ソフトでカラ―情報を破棄、モノクロ化する人もこれまた多い。モノクロ映像の持つ独特の雰囲気が人を惹きつけるのだろうか、いわゆる芸術写真に多い。逆に最近ではコンピュータグラフィックスの技術を導入して、モノクロ写真に色彩を載せる試みも始まっている。英国のダイナミクローム社が有名だが、オリジナルと見比べると、モノクロとカラ―写真それぞれの特質を知ることができて興味深い。

2 件のコメント:

  1. 顧客から、カラー版とモノクロ版両方だして下さいと言われることがよくあります。黙ってテキトーにモノクロ化したものを一瞬で作って納品すればいいのだろうけど、それでは自分が納得いかないので、「モノクロでつかうとわかっている写真を撮影する場合は、背景や構図の選びかた、それに照明テクニックを使いわけますので、両方つくるということは、その辺テキトーにやってよいということですか?」と確認します。そういわれると、あちらも慌てて考えてくれる場合もあれば、黙ってテキトーな仕事をする人のところに仕事を持っていかれる場合も。「出来る」ということと、「最良の選択」の違いがわからない人がおおいようで。

    この写真の場合は、選択がなかった時代のものを後からいじって比べてるわけで、ちょっと不思議な感じがしますね。現代では、こういう情報量の多い絵を白黒で撮ることは、あまりないように思いますね。

    返信削除
  2. カラーとモノクロ写真の違いが分かり易い例は肖像写真やファッション写真における服の色じゃないでしょうか。赤い服と青い服の印象の違いはカラ―写真では大事ですが、モノクロでは無意味で、濃度が決め手になります。そんなことをあれこれ考えると、確かにカラーをモノクロに、モノクロをカラーにすることに落とし穴があるような気がします。

    返信削除