2011年6月22日

銀塩モノクロ写真へのリアクション


ソーシャル・ネットワーキング・システムFacebookに「Sketch on Kyoto with Rolleiflex」というアルバムを作って、ローライフレックスで撮った作品を投稿している。写真はアルバムをスクリーンキャプチャーしたものだ。二眼レフだから正方形なのだが、サムネイルは矩形になっている。寄せられたコメントを抜粋してみよう。
▼良いですねー。撮り終えた120フィルムの裏紙を封印するのが懐かしい…。▼通して見返してみました。トーンが美しい▼BWの1:1はやっぱりいいです。私のGRD2のMYセットにスクエアのBWをセットしました。RFではないですが大塚さんを見習ってちょっとトライしてみます▼改めて、グレーってきれいだなと思います▼ぼくはGX200でやってますー。階調を捉える練習▼銀座サービスセンターに持っていったらピント調整を無料かつ30分で仕上げてくれて、仕様上の特性まで教えてくれました。フィルムカメラの知識は、ないほうが良いみたい▼うーん。ハッセルにプラナー50あたりを引っ張り出そうかな~。うーん天気次第だ!▼他
これらを読むと、まずモノクローム写真に憧憬を抱いてる人が多いのに気付く。拙ブログ記事「富士フイルムX100のフィルムシュミレーション」でも触れたが、デジタルカメラにおいても、かつて黒白フィルムを使っていた人たちはモノクロモードに惹かれるようだ。そしてさらに、このような銀塩モノクロ写真を見ると、かつて使っていたフィルムカメラを引っ張り出してみようかという衝動である。これまでも何度か書いたが、デジタルカメラはネットワーク端末として優れているし、また新たな表現の可能性を秘めている。ただどっちが優れてるとかという論議ではなく、ある種の確かさを銀塩写真に感ずるのではないだろうか。それはボールペンではなく、フト万年筆を使ってみたくなる心理に似てるかもしれない。

5 件のコメント:

  1. モナミメイト2011年6月23日 10:35

    これは、確かに素晴らしい例題にもなる訳で、お気軽モノクロをめざす人々にはとても素晴らしい指標になりましょう・

    ただ、撮るときはカラーで色を引きづりながら撮影して、単純に変換するようなお気軽写真であれば、流行の次は飽きておしまいであります。

    フィルムでもって、あえて今写真を撮っている人たちは、ファインダーを覗きながら脳内スクリーンにモノクロ印画の上がりまでイメージしていること、ぜひ教えてあげて下さい。べつに硬苦しい事言うつもりはありませんが、誰もそう言う事、教える人が居なくなっちゃった現在、こういう良いサンプルの元となる基本も、ぜひ若い人たちにご披露していただけますと、彼らに、また、深い白黒に対する憧憬が生まれてくる人も、センスのある幾ばくかの人たちにはインスパイア出来るきっかけになるやもしれません。

    返信削除
  2. 「ハッセルブラッド(高価なカメラだ!)を持ってるけど、また使いたくなった」というような、かつてフィルムカメラを使っていた人の反応は嬉しいですね。

    ただ最近の世代はフィルムカメラを使ったことがありませんから、モノクロといえばカラーから変換すればいいじゃなないかと思っているようです。困ったことに、写真の流通がこのようなネットを通してが大勢を占めてしまった今、フィルムで撮ってもデジタル化して公表していることです。銀塩プリントの美しさを観て欲しいと常々思っていますが、写真を学んでる学生はともかく、一般の若者をギャラリーに誘うのは難しいと感じます。

    音楽に喩えれば、フィルムとデジタルカメラは、アコースティックと電子楽器。クラシック、ポップスに限らず、その両方が健在です。フィルムVSデジタル、どちらが優れてるかという議論は終わっていますが、何故フィルムカメラが急速に消えてしまったのか、これは不思議でなりません。
    2011年6月23日11:17

    返信削除
  3. Vuosikymmeniä sitten kuvasin yksin omaan musta-valkoista valokuvaa.
    Se oli hienoa aikaa.
    Kamerat kino - 6x6 - 9x12....!
    Canon - Hasselblad - Toyota Field..
    Olin silloin 'valokuvaaja' - nyt vain 'kuvailen'.
    Tervetuloa sähköinen-valokuva...!
    Hyvää Keskikesän Juhlaa 'yöttömän-yön' Suomi/Lapland/Kuusamo

    返信削除
  4. モナミメイト2011年6月24日 13:10

    最近、6年使ったフラットヘッドスキャナーを、新しいのに変えましたが、ブローニー2列で早い合理的なスキャナーを狙って買い入れたつもりが、境界線がはっきりしないネガのオートでのスキャンはあまり機械も上手くありません。
    本来、ネガをドラムスキャナーで処理し、精緻なプリントアウト!そう言う目的とは真逆ですから、簡単なネットでのやりとり出来る読み取り密度です。ですから、考えて見たら6年前のフラッドヘッドスキャナーの能力でも必要以上の性能がありました。
    ですから、ネットにあげる写真の諧調も、解りやすいように印画紙のコントラスト以上にそれらしくして、それでおしまいです。
    横浜のヨドバシカメラのフィルム売り場は、かなり縮小されても、まだ、気をはっていて、フィルム売り場の前には、フジのコンパクトカメラやおもちゃカメラなど、フィルムを新しい楽しみに使ってくれる若い女性をターゲットに、、それなりに商売に繋げる努力が垣間見えて微笑ましいものです。

    銀塩について考えますと、ダメなのがオヤジクラスで、銀塩がなんだかんだと口ではいろいろと知ったかぶりを披露してくれます’(わたしもその一人です)が、新商品デジタルのカタログデーター比べ、フィルムカメラや稀覯レンズの収集に血道を上げ、肝心の写真は、デジタルです。
    来週からTmax400は500円近くに値上がりしますが、そんなの何処吹く風?で、新しいカメラでも仕入れたときに、使い慣れないフィルムをカメラに1本だけ入れてお終い・・・そして、このレンズの収差は?なんて自慢話のネタ作りであります。これじゃ、フィルムカメラの終焉もあたりまえでしょう。

    返信削除
  5. これはよく言われることですが、日本は世界一のカメラ工業国だけど、写真文化国ではない、と。それを反映しているかどうかは分かりませんが、写真好きというのは、実は単にカメラ好きであったします。ただ写真はカメラという道具を介しないと創れませんし、カメラの選択は写真表現に大きく影響します。ということで私もついカメラのスペックについて書いてしまったりしますが、それはこのようなブログの上だけです。実際の他人とのお付き合いの中ではカメラ話を滅多にしません。

    返信削除