2011年6月12日

ソフトレンズ・ゾーンプレート・ピンホール写真の比較テスト

Kiyohara VK50R F4.5
Zoneplate 50mm F64
Pinhole 48mm F186

これまでデジタルゾーンプレート&ピンホール写真は、ニコンの一眼レフD40、あるいはD80といったエントリー機を使ってきた。トイカメラの延長と言う意味合があったのだが、思う所があってライカ判フルフレームのD700で撮ってみたらどうかということでテストしてみた。ダイナミックレンジが広いこと、高感度特性が良いというのがその理由である。比較のためキヨハラのソフトフォーカスレンズでも撮ってみた。ゾーンプレートかピンホールか迷うが、これは検討課題にしたい。ピンホールは多くの人が手掛けているので、ゾーンプレートが良いかもしれない。曇り日だったので、晴天の日に再テストしてみるつもりだ。

2 件のコメント:

  1. おぉ!
    どれも味わい深いものがありますね。
    でも、ピンホールってこんなに綺麗に撮れるものなんですね。

    mitsuo

    返信削除
  2. mitsuoさん、ようこそ。
    このシステムが発揮されるのは手持ち撮影だと思います。感度とノイズの関係をもう少しちゃんとテストしようと思っています。

    返信削除