2011年6月20日

フランジバックが短いミラーレス一眼カメラへの憧憬

ガクアジサイ(額紫陽花) 京都市北区衣笠大祓町 Fujifilm Finepix X100

デジタルの「一眼カメラ」がトレンディのようだ。ピンホールカメラでは複眼も珍しくないが、元々カメラは一眼であった。写真術の黎明期の木製暗箱もそうだし、例の「写ルンです」も撮影レンズは1個で一眼である。それでは何故あえて一眼カメラと呼ぶのか。それは一眼レフと区別するためらしい。一眼レフは二眼レフ、つまり撮影レンズと、ミラーを介するファインダー用レンズの2個のレンズを備えたカメラと、区別するための呼び方である。一眼レフはレンズを通過した光をレフ(反射板)つまりミラーに反射させ、アングルとピントを決める像を見るカメラのことである。それに対し一眼カメラはファインダー用ミラーがないカメラのことをいう。しかし入門用のコンパクトカメラ、あるいは高級機ライカもミラーがなく一眼である。要するに一眼カメラというのは、電子ファインダーを備えた、ミラーがないレンズ交換式デジタルカメラのことなのである。だから「ミラーレス一眼カメラ」と呼べば、光学式ファインダーを備えた一眼レフと区別し易いかもしれない。

どうやら前書きが長くなってしまったようだ。フォーサーズ、すなわち4/3型(17.3 x 13mm)のセンサーを装着した、オリンパスのペンシリーズや、パナソニックのルミックスDMC-Gシリーズ、そしてAPS-C(23.4 x 16.7mm)のソニーα NEXシリーズがこの形式を採用している。その特長はミラーがないため、フランジバック(レンズとセンサーの距離)が短く、無理のない広角レンズが設計できること。そして音や振動が少ないという利点を上げることができる。欠点はオートフォーカスのレスポンスが遅いことであろう。

しかしミラーがないという魅力があるにも関わらず、ニコンやキヤノンといったトップメーカーからは今のところ出ていない。光学式ファインダーのほうがオートフォーカスの応答が早いというのがその理由であろう。もうひとつの理由として、上記フランジバック短縮の利点を発揮するためには、マウントを変更したほうがベターである。無論アダプターを介して古いレンズを使えるようにするだろうけど、真価を発揮するためにはレンズ資産を活かすことができないというジレンマがあると想像する。特にニコンのFマウントは、変更しないゆえ支持者が多いからだ。蛇足ながら上の写真は富士のX-100によるもの。真の意味のミラーレスの一眼カメラではないが、レンズ交換ができないものの、機能的には似ているので掲載することにした。実は新たなるデジタル針孔写真挑戦のため、ソニーのNEX-5に食指を動かしつつある。X-100に不満がないのは無論だが、ピンホールはレンズ交換式でないと駄目だし、フランジバックが短いことに惹かれる。導入のあかつきにはサンプル画像を提示できると期待している。

4 件のコメント:

  1. モナミメイト2011年6月21日 9:45

    NEX-3/5は、過去の高価な稀覯レンズ遺産を安価で活かせると、レンズで遊ぶ人には好評だと聞きます。
    これを、針穴式に使うのは、とても穿ったことで、まだあまりNEXに針穴の写真を撮っているひとはいないようですから、面白い試み、特に携帯性が抜群ですし、ひょっとして針穴パノラマ!そんなことも可能になるかも知れませんね。

    デジタルとアナログのミックスは手軽に良い結果が出て、例えばオーディオでもCDの読み取り装置に設計のいい真空管アンプを繋げ、いいスピーカーを震わすと、とても良い結果が出たりします。針穴とNEX−5も結果を裏切らないと思われますが、個人的には、フィルムに光りをに滲ませたいとも思っています。まあ、それですと写すものが限られるという事ですね。

    返信削除
  2. 人々に「どんなカメラを使うのですか」と尋ねられると、「どんな絵具と絵筆を画家に尋ねますか。どんなタイプライターを使うか作家に尋ねますか」と答える。ともかく、私はカメラをある意味で補助的なものとしてか見ていない。とマン・レイはインタビューに答えています。

    ピンホールやトイカメラなどを使うことは、この言葉と反し、表現方法をハードウェアに委ねることになります。ピンホール写真は60~70年代に表現方法が出尽くしているわけで、現代でもフィルムによるそれは過去の作品の真似に過ぎません。だから21世紀、コンテンポラリーな方法論としてデジタルカメラによるピンホールやゾーンプレートをやってみたいと思った次第です。

    返信削除
  3. いつも楽しく読ませていただいております。
    私も、もしやと思い、NEX3を導入しましたが、16mmの驚くべき周辺部の画質の悪さ(写るんです以下!)にビックリ。
    あと、露出補正のコマンドがいちいち出しづらい。コレは困りものです。
    液晶が明細過ぎで、実際に写る絵にガッカリしたりしました。
    特にレンズに関しては、どうして雑誌で酷評されないのか不思議です。

    利点としては、簡易ビデオとしては使い勝手がよく、25mm相当で撮れるビデオは魅力的です。
    どうしたわけか、写った映像にはたまに、さっと横線が入りますがコレはご愛敬と言うことでしょう。パナのGでは出ませんね。

    という事でうちでは、ビデオ専用機として活躍してましたが、先日盗まれてしまいました。

    返信削除
  4. レトロフォーカスでない、普通設計の広角レンズの場合、周辺になるほどレンズ中心から距離が遠くなりますから、周辺が光量落ちします。ライカ用のレンズは今や神話化していますが、スーパーアンギュロン21ミリといったレンズは、周辺部特性は結構酷いものでした。さらにデジタルの場合、周辺への入射角度が中心部より狭くなりますから、余計辛くなります。NEX用のレンズの場合、その辺りがカバーできてないのかも知れません。

    返信削除