2016年1月29日

大臣の首を取った週刊誌

週刊文春2月4日号

テレビを見る習慣はないが、昨夕、ネットで「甘利経済再生担当相が辞任表明」というフラッシュニュースが流れたので、流石にスイッチを入れた。一連の動きには関しては、すでに承知だと思うのでその詳細は割愛したい。要するに週刊文春がスキャンダルを暴露したにも関わらず、甘利氏を安倍首相はかばい続け、続投かとウンザリしていた矢先の電撃的なニュースだった。ニュース速報を英語で「Breaking News」というが、何しろ一週刊誌である週刊文春が大臣の首を取ったわけだから、まさに「破壊」に値する。同誌1月28日号は完売で、昨日発売の2月4日号もすぐに売り切れかと思い近所の書店を覗いてみた。いささか目立たないところにある書店のせいか、心配無用、入手できた。暴走する現政権に対し苛立ちを感じている国民は少なくないと思う。その鬱積を少し和らいでくれたのは、野党でも、新聞でも、テレビでもない。

3 件のコメント:

  1. 先日の会見で大臣を辞めるということは、一応道義的責任を認めたという意味で結構だと思うのですが、それでも刑事責任の話はまだこれからですから、推移を見守りたいと思います。しかし、甘利氏が辞めても、現内閣の暴走はかわらないのではないかと思います。そちらの方は、野党にしっかりしてもらう他ありませんかね。

    返信削除
    返信
    1. いろんな言い方をされていますが、素人目では贈収賄に見えるんですが如何でしょう。金額が少ない(庶民には大きい)から地検は動かないでしょうけど。

      削除
  2. 金額が少ないのに加えて、安倍が阻止しようとするんじゃないでしょうか。そういうところは、野党に頑張ってもらうしかないですね。ロッキード事件の用語で言えばピーナッツが5つから12個程度のスキャンダルですから、金額的には小さいですが、、、

    返信削除