2016年1月8日

ソニーのレコードプレーヤーが象徴するアナログ盤の完全復活


ラスベガスで開催中のCES2016で、ソニーがアナログレコード盤をハイレゾ音源にデジタル変換するレコードプレーヤー「PS-HX500」を発表した。大きな特長は一般的な44kHz/16bitのCD音質ではなく、PCM方式ならば192kHz/24bitのWAV形式で、DSD方式なら5.6MHzのハイレゾ音源として保存できることである。昨年3月初め、当ブログに「アナログLPレコード音源のデジタル化計画」という一文を寄せた。その当時導入を検討したのがデジタル出力し、それをUSBメモリに保存するプレーヤーだった。その時のプログにも書いたことだが、見た目が余りにもチャチで心もとない。しかもプレーヤーが2台になるのは置き場所に困るので見送り、手持ちのプレーヤーを活かし、オンキョーの「USBデジタルオーディオプロセッサーSE-U55SX2」を使ってアナログ音源のデジタル化をするシステムを構築した。従って今回発表されたソニーの製品に関しては、興味あるものの、導入は見送りたい。ただビニール盤(英語圏でのアナログ盤の呼び方)を持っているがプレーヤーがない、できればデジタル化したい、という人には格好の製品かもしれない。というのはフォノイコライザーが内蔵されていているし、パソコンに取り込むためのオーディオインターフェース製品などを一切必要としないからだ。無料で提供するソフトウェア「Hi-Res Audio Recorder」を使ってUSB経由でパソコンに保存、編集が可能だという。発売は春、価格は7万円前後になる予定だそうである。いずれにしてもアメリカを中心に、アナログ盤が完全に復活したことを象徴する新製品発表ではある。

YouTube  CES 2016: Sony's New Hi Res Turntable – PS-HX500 (First Look)

4 件のコメント:

  1. わたしは少し古いテクニクスのダイレクトドライブのターンテーブルに、RIAAイコライザーを通して、ビデオ制作用にでているタスカムの4ch 24bit 96kHzの録音機をつないでデジタル化しています。毎日LPをデジタル化するわけでもないので、専用機よりも、ありあわせの機材でやっちゃった方がモノが増えずによいかなと。中古でもちゃんと使えるターンテーブルがたくさんあるので、こういう新製品がどこまで売れるのかは気になるところです。

    返信削除
    返信
    1. 仰せの通りだと思います。ただLPレコードを持ってるけどターンテーブルがない、いちいちかけるは面倒だからデジタル化したい、そういう人たちを対象にしたものだと思います。昔、日本人はLPからカセットデッキでダビング、ウォークマンやカーオーディオで聴いてました。でも私が知ってる範囲では、アメリカ人の多くははそんな面倒なことはせずに、レコードではなくいきなり音楽が入ったカセットテープを買ってましたね。そういうわけで、このターンテーブルがアメリカで売れるかは疑問ですが。

      削除
  2. 日本の場合はLPが2500円とか2800円と高値固定されていた期間が長く、貸しレコード屋というものが影響力があったので、少々面倒なことでもやってしまう昭和世代の日本人の国民性でしょうか。米国ではカセットテープがLPより数割安く、こだわらない人が多かったからテープが売れたのだと思います。でも今からLPに戻る人はアナログ原理主義者でしょう。まだはじまったばかりですから、どういう方向になるか、ということ自体が楽しみでもあります。

    返信削除
    返信
    1. 音楽ソフト全体から見れば数%に過ぎないでしょうけど、アメリカでのビニール盤(LP)の売り上げはブームと呼べるくらい伸びてるようです。ニールセンの報告では2014年に対し2015年は、CDはマイナス10.8%、ビニール盤はプラス29.8%となっています。この数字は中古レコードではなく、新譜でしょうから、昔聴いていた中高年だけだはなく、若い層も含まれると思います。なぜアナログなのか、その背景を探ったら面白いと思います。
      https://goo.gl/LRxBHP

      削除