2011年12月10日

次はMacに決めた

マックとウィンドウズ 2011「共存・共有・共栄」 (MYCOMムック 別冊Mac Fan VOL. 7) 毎日コミュニケーションズ

Apple PowerBook 2400c/240
3台のパソコンを所有している。据え置き型はWindowsXP、そして2台のノート型はWindows7で動いている。パソコンはハードディスクのクラッシュなどで、ある時期が来れば必ず壊れる。もしメインに使ってるXPマシンの寿命が尽きたら、Windows7を導入する気分になれない。Macに乗り換えようと思っている。これまでWindowsマシンを使ってきた理由にテキストエディタの問題があった。詳細は省くが、使用しているMIFESはホームページのHTML記述に優れてると思う。特に複数の文字列の連続置換機能はウェブの手直しに便利だ。しかしその必要性が薄らいできた。そこで気になり始めたのがマシンである。かつて私はMacユーザーであった。コメットで知られるPowerBook2400cを使っていた頃だから、90年代末のことである。日本IBMとの共同開発で、日本人向けに作られたものだが、米アップル社がデザインしたにも関わらず、後にCEOに返り咲いたスティーブ・ジョブス氏はこれを嫌っていたフシがある。事実、以降Mac互換機が他社から出ることはなかった。多くのメーカーが参入したほうが優れたマシンができると思っていた私は、いわばその閉鎖性に疑問を持ったものだ。ところがiPod以降の製品を見てジョブス氏の思想が垣間見えたような気がする。頑ななデザイン思想を貫くには、他社に任されない、自分たちだけで作る。そういう姿勢がアップルをしてソニーを凌駕したパワーになったのだろう。稀有な例だが、認めないわけにはゆかない。はっきり言ってWindowsマシンはどれを見てもダサい。これに尽きる。次はMacに決めたが、正確に記述すれば乗り換えではなく、回帰、あるいは復縁である。

2 件のコメント:

  1. 私もPB2400を使っていました。愛機でした。
    今使っているMac Book Airはそれの正しいジョブスからの正常進化版としての回答だと思っています。初代MBAをプレゼンしながら惚れ惚れしていた彼を思い出しますが,私自身も,初めて満足できたAppleのノートパソです。

    返信削除
  2. 例えばApple iMac 2.7GHz 21.5インチも10万円強とアップル製品も導入しやすくなっています。問題は周辺機器とソフトウェアです。フィルムスキャナやプリンタは手持ちのもののドライバがアップルのサイトにあることを確認済です。写真関係で問題なのはアドビ製品です。Lightroom 3はMac/Windowsハイブリッド盤の最新を持っているからいいのですが、PhotoshopはVer6.0、IllustratorはVer8.0といずれも古く今のMacOSでは動かないと思われます。これらを新たに購入するとなると、Mac本体より高いのが頭が痛いところです。

    返信削除