2014年12月21日

ニューヨーク近代美術館がOBJECT:PHOTOを立ち上げる


ニューヨークの近代美術館(MOMA)が"OBJECT:PHOTO"とタイトルしたインタラクティブ写真サイトをローンチした。20世紀前半の主要な写真家による象徴的な画像をフィーチャーしたウェブサイトで、「トーマス·ヴァルター·コレクション:1909年から1949年までの現代写真」を公開した。同コレクションはベレニス·アボット、アンドレ·ケルテス、アルフレッド·スティーグリッツ、ポール·ストランド、エドワード·ウェストンなどの作品341点である。先月初旬に「メトロポリタン美術館が400,000余りの画像をオンライン公開」という記事を投稿したばかりだが、美術館が所蔵する写真画像を共有できることはとても有難いし、有意義だ。日本の美術館や図書館も所蔵写真のネット公開に積極的に取り組んで欲しいと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿