2014年12月6日

ヴィヴィアン・マイヤーのドキュメンタリー映画がアカデミー賞候補に

"Finding Vivian Maier" John Maloof (Director) Charlie Siskel (Director)

やや旧聞になってしまったが12月2日、第87回アカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞ショートリスト15作品が発表された。興味深いのは、ジョン・マルーフおよびチャーリー・シスケル監督の「ファインディング・ヴィヴィアン・マイヤー」が選ばれたことた。ヴィヴィアン・マイヤー(1926-2009)は、ニューヨーク生まれ、乳母兼家政婦としてさまざまな家庭に住み込みながら、旅をしながら趣味としてたくさんのストリート写真を撮影した。その数は10万枚以上と膨大で、死後その作品が発表された。素晴らしい作品群で、現在では20世紀を代表する写真家のひとりとして高く評価されている。映画は彼女を知る多くの人々へのインタビューを通して、謎に満ちた彼女の人生を明らかにする。アカデミー賞の授賞式は2015年2月22日にカリフォルニア州ロサンゼルス市ハリウッドのドルビー・シアターで行われるが、もし選ばれれば日本でも公開されるだろうか。現在入手できるDVDはリージョン1で、日本では再生できない可能性があるので購入を躊躇っている。日本語版が出れば即入手するが、その前に写真集を買わねばと思っている。

YouTube  Finding Vivian Maier - Official US Trailer

0 件のコメント:

コメントを投稿