2013年5月7日

大判4x5の旅する広角カメラに注目


手持ち撮影できるコンパクトな大判4x5フィルムカメラにちょっと興味を持った。米国のジャスティン・ランドクイストおよびベン・シヴァソンの両氏が開発したもので、製品化を目指して資金調達サイト「キックスターター」に概要を発表したところ、ネットで広がり始めたようだ。筺体は写真のようにシンプルなもので、シュナイダーのアンギュロン90mmF6.8あるいはスーパーアンギュロン65mmF8を装着する。前者は可変焦点だが、後者は固定焦点だという。いずれもTravelwideの名が示すように、旅行用広角カメラである。4x5のフィールドカメラといえば、リンホフテヒニカやトヨフィールドを連想するが、このいずれよりの小型軽量である。理由としてレンズを限定、アオリ機能はなく、蛇腹を使わない。また合焦用のガラスがなく、スポーツファインダーのみだからである。ちょっと食指が動くが、アンギュロン90mmF6.8は通販サイトB&Hで調べたところ$1,612もするし、いささか贅沢な買い物になりそうだ。歳を重ねてしまったせいか、90mmは私にとってやや広角過ぎる。デジタル時代にこのようなコンセプトのカメラが発案され、すでに1000人以上の賛同者を得ているというから凄い。

0 件のコメント:

コメントを投稿