2015年6月23日

Windows10無償アップグレードは混乱を起こす予感

Windows10無償アップグレード予約案内

いつの間にかタスクバーに左のようなアイコンがあるのに気づいた。クリックすると上のような画面が現れた。ああ、これが噂のWindows10無償アップグレード案内、私のところに来たわけだ。人間は欲深いもので、無償で入手できる、となるとつい予約したくなる。しかし、だが、待て、である。配布は7月29日以降となっているが、すでにネット上で多くのユーザーが解説してる通り、無償で入手できるのは1年間、慌てる必要はないのである。一番気になるのは今まで使ってきたアプリケーションソフトウェアは同じように動くか?という問題。メーカーが追従してバージョンアップをしてくれるなら良いが、ネット上の情報では7月29日までに追いつかないケースが出そうだ。従って1年も余裕があるのだから、急がないほうが良い。しかし最も使われてると思われるWindows7もXPと同じ運命を辿るだろうから、トラブルが覚悟でサブマシン用に予約するという手はある。それにしてもマイクロソフトの今回のやり方、ある種の焦りのようなものを感ずる。なにも知らずに予約したユーザーも多いと想像する。7月29日以降、混乱が起こるような予感がする。

0 件のコメント:

コメントを投稿