2016年8月16日

紙の感触が読書の愉しみを増幅する

丸善京都本店復活一周年記念のブックカバー

丸善京都本店が8月21日で「復活一周年」を迎える。文庫本を一冊購入したら、ご覧のような記念ブックカバーをつけてくれた。安野光雅さんのイラストをあしらったもので、梶井基次郎の小説『檸檬』をイメージしたものである。アマゾンが上陸してからは、書籍、レコードはもっぱらネット通販で購入することが多かった。というのは、書店では現物がないことが多いからだ。もっぱら買うのは文庫本だが、例えば岩波文庫をちゃんと揃えている書店は少ない。京都市内の大型書店といえば、イオンモール大垣書店だが、自宅からはちょっと遠い。だから京都地区最大級の売り場面積を誇る、丸善京都本店の復活は有り難かった。一時アマゾンの電子書籍リーダーKindle導入を考えたこともあるが、海外に住むとか、長期旅行するとか、という状況は今の私には考えられないので、見送ったままになっている。紙の感触、それが読書の愉しみを増幅するのである。

4 件のコメント:

  1. キンドルは日本の実用書などで図版がないものを読みたいときなどは便利なのですが、キンドル版がない本もあり、また「古本」が存在しないので、あまり気軽に買えなかったりします。
    私の場合は複数の本を並列して読むことがおおく、読んだ部分にノートをはさんでおける紙の本はありがたいです。キンドルでは、直線的な読み方以外はむずかしいし、一回脱落してしばらく放置したら復帰しにくいと思います。

    返信削除
    返信
    1. ずいぶん前に普通のタブレットにKindleアプリを入れて電子書籍を読んだ経験がありますが、栞機能(ページフリップ)がなくて戸惑ったことを思い出しました。今のKindleは改良されてるようです。明治時代の文豪などの著作権が切れ、無料版がたくさん公開されているので、Kindleも良いかなとちょっと食指が動くことがあります。その場合はペーパーホワイトがいいんでしょうね。

      削除
  2. ペーパーホワイトが出た時に買いましたが、これで十分と思います。もう少し解像度が高ければいいなとか、若干改良がほしい点はありますが。積読になっている本を見た時の罪悪感がないので、紙で買うかキンドルで買うかは簡単に決められない場合もあります。

    返信削除
    返信
    1. Kindleは値段も手ごろで購入しようかなと思うことがあります。ただ、デジタルカメラ、スマートフォンなどを持ち歩くと、バッテリーの充電管理が面倒というきらいがあります。ひとつ増やすなら音楽プレーヤーWalkmanに食指が動きます。

      削除