2011年5月4日

平野神社植物誌

タンポポ(蒲公英) 平野神社(京都市北区平野宮本町) Nikon D80 + Zoneplate

京都市産業観光局のウェブサイト京都観光NAVI「花だより」にリストアップされてるのは、神社仏閣のそれである。真に草花を楽しむなら、人工空間でない自然な場が理想だろうけど、やはり神社仏閣は手っとり早い。というか京都において神社仏閣は、季節の移り変わりを体感するのに最も相応しい空間と言えるかもしれない。私が一番足を運ぶのは平野神社である。家の近所ということもあるが、同じ近所でもわら天神や北野天満宮には余り足を向けない。その平野神社だが、桜の名所として名が通っている。上記「花だより」にも桜しか登場していないと記憶している。ところが桜以外にも、四季を通じて様々な草花に出会うことができる。境内南東にある柵に囲まれた桜苑や、社務所の東隣にある桜池周辺は雑然として、例えば平安神宮の神苑のように綺麗に整備されていない。いったい手入れをしているのかと疑わせるような雑然とした庭園だが、その様相が私は好きだ。すでに私の脳裡には私的「平野神社植物誌」ができあがっている。

4 件のコメント:

  1. モナミメイト2011年5月5日 0:16

    以前より、ローライで撮られた白黒写真の花や植物の写真には味わい深い印象を持っていました。あのシリーズはお休みでしょうか?
    繊細な植物のイメージが、白黒写真で単純化されて、余計に生の美しさを感じましたが、カラーでは、その繊細さはクローズアップにでもしない限り、なかなか難しいようですね。

    今回のふわっとした写真は、とても自然な美しさを感じますが、印象的な側面が浮き出た結果でしょうか?

    返信削除
  2. モナミメイト2011年5月5日 0:17

    奈良の田舎を歩いていますと、手を入れてあるか無いか・・・農村のおばちゃんが少し雑草をもぎったくらいの・・・そういう楽しい、優しい風景を発見することが楽しくなります。
    英国流のガーデニング、京都の寺社のプロによる造園も美しく素晴らしいものですが、顔がほころぶというのは、やはり農道の片隅にお地蔵さんの回りにささやかに咲く花の、そういう風景が自然に受け入れられるからかも知れませんね。

    平の神社、次に京都に行くときは、ぜひ訪れて見たいと思いました。

    返信削除
  3. ロバート・メイプルソープは花の写真を、カラーと黒白の両方を撮っているのですが、やはり後者のほうが魅力があります。以前4x5のカメラで花や野菜のスチル写真を撮っていたことがあるのですが、あれをそのうち復活しようと思っています。今やってるゾーンプレートによる花の写真は初秋までで、その前にオーバーラップしながら4x5ピンホールカメラに移行しようと思っています。

    おそらくブレッソンの写真などが潜在意識にあって、ストリート写真は黒白という既成概念に束縛されそうですが、先日購入したデジタルカメラX100でしばらくチャレンジしてみようと思っています。

    返信削除
  4. 京都の社寺は樹木の一本一本を丁寧に手入れした庭園が多いですね。それゆえに維持費として拝観料をとるのかなと想像したりします。平野神社は手入れはしているのですが、どこか雑然としたところがあって私は好きです。京都にお出かけの際は是非寄ってみてください。

    返信削除