2018年1月25日

ニコン&キヤノン時代の終焉?


SONY Alpha a9 Mirrorless
写真情報サイト PetaPixel によると、米国のデイビット・ブルネット氏が、40年間使用したキヤノンのカメラと別れを告げ、ソニーに乗り換えたという。ブルネット氏はロバート・キャパ賞などを受賞した著名な報道写真家である。ソニーのミラーレスカメラ Alpha a9 は20コマ/秒撮影できるので、スポーツ写真に向いてるというのが乗り換えの理由だという。ちなみにキヤノンのフラッグシップ一眼レフカメラ EOS-1D X Mark II は14コマ/秒で、ニコンの D5 は12コマ/秒である。ミラーレスカメラは応答速度が遅いと言われてきたが、一眼レフを凌駕してしまったのである。一眼レフカメラは像をミラーで反射させて、ペンタプリズムで屈折させるファインダー方式である。それに対しミラーレスカメラは、撮像素子で得られた画像情報を、背面の液晶モニターや電子ビューファインダーに表示させ、構図やピントの確認する。文字通りミラーがないので、そのぶん軽くて筐体が小さい。ミラーショックがなく駆動音が静か、そしてフランジバック(レンズマウントのマウント面から撮像素子までの距離)を短くすることが可能である。キャノンやニコンも製造を開始したが、どうやらソニーに先を越されてしまったようだ。かつて報道写真家向けカメラの王者はライカだったが、それを撃ち落としたのは日本製一眼レフカメラだった。プロ用小型カメラの双頭として君臨しきたわけだが、そのブランドにこだわらずに、ソニーや富士フイルムなどのカメラに手を出す写真家が増えつつあるという。ただレンズ資産の関係もあり、平昌五輪ではまだキヤノンとニコンの巨砲レンズが並ぶだろう。しかし安穏としている状況ではないようだ。

5 件のコメント:

  1. 連写性能とか、センサーの画素数とか、数字のスペックは、10年前のレベルを越えていれば、ほとんど作品の出来に関係しないので、使途を考えずにスペックで論じる記事が多いのは困りますね。

    人像写真用に私がカメラを選ぶときに一番重視するのが、シャッターラグです。ボタンを押してから120ms以上遅れてシャッターが切れるようでは、使えません。連写性能は、毎秒3枚以上であれば申し分ないので、とにかくラグが短かくて、できればオートフォーカスのセンサー点がフレーム上の隅々まで散らばっていて、これも応答が速くて特にAI Servoの性能の更なる向上に期待しています。スタジオ撮影とか、プロのモデルを撮るならカメラは何でもいいですが、素人の人像写真を撮るときは、以上の二点が重要だと思います。そうすると、使えるのは基本的に20万円クラス以上の一眼レフが中心になります。

    今のところ、私が使ってみて満足できるミラーレスはフジのx100シリーズだけですね。

    返信削除
    返信
    1. 私はミラーがない一眼に魅力を感じます。ソニーのミラーレスが話題になった件、やはりニコンやキヤノンには衝撃だったようです。その2社が今年、ソニーを追ってフルサイズミラーレス一眼を投入するというのが、カメラ業界のもっぱらの噂のようです。目標は2020年の東京五輪です。小型カメラの売り上げは圧倒的にアマチュアなんですが、五輪でのプロはそのサンドイッチマンになりますから、やはり2社は必死だと思います。時代の変節を痛感します。

      削除
    2. カメラ自体、もう時代遅れでは?

      削除
  2. ミラーレスは、シャッターラグが問題にならない、静物や風景中心の人には人気が高いようです。

    ニコンとキヤノンは、カメラ部門の業績が優れないので、困っちゃうでしょうね。

    個人的には、Pentax 645Zの後継機と、フジの中判ミラーレスの勝負を見てみたいです。

    返信削除
    返信
    1. 中判デジタルといえば、ハッセルが3月に出荷する「H6D-400c MS」はミラーレスではなく、一眼レフですね。希望小売価格は、なんと税別 576万8,000円 だそうです。富士の「GFX 50S」を触ってみましたが、驚くほど筐体が小さいです。ミラーレスの特長かと。

      削除