2016年11月1日

電池交換できないスマートフォンの理不尽


現在使用しているスマートフォン SONY Xperia Z3 がそろそろ2年を過ぎ、電池の減りが早くなった。電池性能は「内蔵電池の充電能力は良好です(80%以上)」と表示されるから、どうやら酷い劣化はしていないようだけど、気にならないわけではない。今更の感はあるが、節電方法はないか調べてみた。写真左のように数多くのアプリケーションがインストールされている。これらを起動させたまま放置すると、バックグラウンドで作動し、電池消費の原因となるそうだ。しかしながら手動でアプリケーションの設定を変更するのは面倒である。そこで「バッテリードクター」という、便利そうなアプリケーションを知ったのだが、インストールを躊躇っている。いずれにしても、いつかは電池交換を強いられるからだ。ところが私が契約している携帯電話キャリア SoftBank はその値段を公表していない。docomo のサイトによると、交換代金は8,800円だそうだ。電池そのものはおそらく2,000円くらいだろうから、理不尽な値段である。理不尽といえば、電池を自分で交換できないことである。電池内蔵型のスマートフォンのさきがけは iPhone だけど、これを倣ったものだろう。サムスン電子の Galaxy Note7 発火騒ぎで露呈したように、リチウムイオン電池の安全性に関しては問題が多々あるようだ。しかしデジタルカメラでは電池交換ができる。自分で交換ができれば、充電済みの予備電池を持ち歩くことによって、外出先での電池切れの心配も解消される。なんとかならないだろうか。

5 件のコメント:

  1. 電池をユーザー交換できるようにすると、電池蓋などを設けることになり、厚みが増えたり、強度、防滴性が犠牲になることが考えられます。ちょっと昔のiPodなどはちょっとした工具があれば裏蓋をあけて電池などを交換できるのですが、最近のは難しいですね。

    返信削除
    返信
    1. なるほど、そういう理由ですか。それで思い出したんですが、スマートフォンって、どうしてあんなに血眼になって薄くしようとしているんでしょうね。筐体を薄くするには電池を薄くする必要があり、その容量が減ると思うのですが。昔の携帯電話、確かに分厚かったけど、違和感がなかったように記憶しています。

      削除
  2. 画面を大きくして使い勝手よくしつつ、小型感を出すには薄型にするしかないのでしょう。また、容積が固定の場合、電池蓋やユーザー交換しやすいコネクターなどを使うとその分電池の体積を減らさずを得ず、ユーザー体験がわるくなるという考え方も作用していると思います。しかし、この先ムーアの法則が成り立たなくなり、コンピューター機器の寿命は伸びると思います。そういう時代には、どうせ2年毎に買い換えるのが常識だった時代の設計思想でいいのか、という気はします。

    返信削除
    返信
    1. 電車やバスの中で見ると、手帳型の分厚い保護カバーをしている人が多いですね。せっかく薄くしてのを台無しにしているような気がします。薄いから厚いカバーをつけられれるのでしょうけど、どうもよくわかりません。2年で買い替えというのはサイクルが短すぎると思います。https://goo.gl/rbpk3w

      削除
    2. たしかに、Palm Treo 700pとか、昔のスマホはゴツくてケースなくても結構丈夫でした。iPhoneの時代になって、全面ガラスになって、そして金属筐体で傷が目立つようになって、ケースが必須になりましたね。

      最近、スマホのカメラ性能ばっかり話題になります。たしかに、記録用の写真などには、使いやすい性能になってきましたが、フォトグラファーだから、と言われても、いやそういうのには使えませんから、という面倒な会話が増えただけのようにも思います。あれでポートレートなんて撮れませんからね。もっと基本性能重視の電話がほしいと思います。

      削除