2016年10月26日

効果不明の電源ノイズリダクション機器


オヤイデ OCB-1 DXs
オーディオに凝ると「電線病」を患わる可能性があるという。より高音質を求めてケーブルを取っ替え引っ替えする病である。スピーカーのケーブルを交換したことがあるが、音質が向上したか、私の聴覚ではわからなかった。それはともかく音の違いが顕著に変化するのはスピーカーであることは言うまでもない。レコードプレーヤーのカートリッジも音質を左右する。CDプレーヤーの場合はD/Aコンバータかもしれないが、デッキを交換した際、私にはこれまた分からなかった。オーディオ愛好家がもうひとつ強調するのが電源である。オーディオ売り場には図太いケーブルが付いた電源タップ(写真左)が置いてあり目を丸くする。オーディオ用の壁コンセントまで売っている。発電所から家庭に届くまでに電気はノイズで汚れるという。さらに冷蔵庫や洗濯機、電子レンジ、照明器具などの電気製品が汚れを加速するそうである。その汚れを浄化すればオーディオ装置の音質が向上するというのである。

コンセントに挿すだけで屋内配線上のノイズを消去するという触れ込みの「NOISE HARVESTER」なる小さな電子機器を購入した。ノイズがあるとLEDが点滅する仕掛けになっている。早速オーディオ機器がつながっている電源タップに挿し込んだところ、間歇的に青いLEDランプが点灯した。試しに部屋のエアコンのスイッチをONにしたら激しく点滅した。しかしノイズの変化は自分の耳では分からない。電源ノイズリダクションシステムというのが謳い文句であるが、その効果が不明なのである。ネット通販サイトのレビューに「ミニコンポや普及価格帯の製品では効果が感じられないレベル」「オーディオはその僅かの差のために投資をしなければならない趣味です」とあった。なるほど、なるほどね。改めてオーディオに凝るのは危険と感ずる。ただ台所など、家中のコンセントに差してみたが、耳に聴こえない、目に見えない電気の汚れの存在が可視化されて見つかるのが結構面白い。ノイズ除去に関しては余り期待せず、その探知機と割り切れば、ひとつ持っていても決して無駄ではないアイデア商品と言えそうだ。ただしノイズに神経質になる余り、電線病ならぬ電源病を患わないよう、くれぐれも注意するのが肝要である。

* 当初(株)ヤザワコーポレーションの「雷バスター」と一緒に写した写真を掲載していたのですが、ちょっと紛らわしいので「NOISE HARVESTER」のみの写真と挿し替えました。(10/27)

4 件のコメント:

  1. なんか分解して回路図みてみたいですね。ノイズを吸い上げて消すのは無理なんで、単に検知するだけの仕様だと思いますが。

    返信削除
    返信
    1. メーカーのウェブサイトには「屋内配線上のノイズを取り込み光に変化させ消滅させると」とあります。そしてちゃっかり「複数の使用により効果をより大きくすることができます」と。http://kanjitsu.com/psaudio-product/harvester

      削除
  2. その文は墓穴を掘っているような。複数の使用で効果が増大するならば、線上雑音がなくなって、LEDは点灯しなくなり、したがって光にも変化させられず、雑音は低減できないことになります。論理的な破綻では。

    返信削除
    返信

    1. 複数というのは、オーディオ用の電源タップ以外に、家の中のあちこちのコンセントに挿すということのようです。そうすれば効果があるということらしいのですが、なにしろ1個1万円の代物、とてもそういう気持ちになれません。なお(株)完実電気は輸入元で、製造はコロラド州ボルダーのPS Audio(http://www.psaudio.com)というメーカーです。この製品は古いようで、同社のサイトの商品リストには掲載されていません。

      削除