2015年5月12日

写真共有サイトFlickr「刷新」の迷惑

新しいFlickrのインターフェース

写真共有サイトFlickrが先週5月7日 "Flickr 4.0" の提供を開始した。曰く「アップロードから閲覧、写真管理、編集、共有まで、写真のワークフローを簡素化し、また異なる種類のデバイス(PC、スマートフォン、タブレット、TV)で共通した操作体験が得られるようにデザインをまとめた」という。私が同サイトに参加したのは2004年暮れ、ほぼ創設直後のことだったが、10年半の歳月が流れたことになる。そのFlickrが大がかりのインターフェース変更したのは確か2010年だった。いわゆるタイル状に写真を並べるものだったが、一挙に使いづらくなったことを憶えている。何よりも痛かったのは「重く」なったしまったことである。今回の改変も私にとって何らのメリットもない。同サイトは写真を通じたソーシャルメディアといった機能があるのだが、インターフェースの改悪によって、属していた30以上のグループもすべて退会した。残るは各国の公共アーカイブサイトによる古写真ページ "The Commons" の閲覧と、本来の利用目的である自分の写真のストレージのみになってしまった。私見では Yahoo! US の傘下に落ちてからの愚挙だと思っている。このFlickrに限らずFacebookその他ポータルサイトは、ときどき無用の仕様変更をする。それが多分システム管理者の仕事なんだろうけど、折角慣れたシステムを変更することは、ユーザーにとってはなはだ迷惑。下手にいじって欲しくない。

2 件のコメント:

  1. 最近のFlickrは評判わるいですね。私は独自サイトにこだわっていたので、Flickrには友人らに「両方やれ」と何回も催促されて後から初めた口ですので、あまり強い思い入れはないのですが、ソーシャルという側面は独自サイトにない良い点だと思います。YahooはTumblrも持っているのですから、これらを連携させて、Flickrは単写真で見せて、Tumblrではエディトリアル性を持たせた見せかた、というふうに出来れば最高だと思うのですが、この分ではなさそうですね。

    返信削除
    返信
    1. たとえTIFF形式でアップしてもJPEGに変換されてしまうので、真のストレージとはいえません。ただブログやFBに写真が必要なときは、すぐにダウンロードできるます。その点が便利で使い続けています。

      削除