2015年5月30日

クラウドサービス「Googleフォト」の衝撃

Googleフォトの画像編集画面

Googleが写真のクラウドサービス「Googleフォト」を開始した。驚いたのは16Mピクセルまでの画像、あるいは1080pまでの動画なら、容量制限なく無料で保存できる点である。画像形式はJPEGやTIFFのほか、RAWファイルも含まれる。大きなサイズの画像をアップロードした場合は自動的にダウンサイズされるが、無圧縮の「元のサイズ」と設定すればそのまま保存できる。ただしその場合はGoogleドライブのストレージ(15GBまで無料)に加算される。富士のX100の画像(288×2848ピクセル、TIFF形式)を容量無制限で保存できる「高品質」でアップロードしたところ、そのまま保存できた。試しにニコンD700のRAWファイル(10MB、.NEF形式)をアップロードしたら、480KBのJPEG形式に変換された。上掲画像はその編集画面で、リサイズや明るさ、シャープネス調節の他に、ご覧のような周辺光量を落とす機能がある。Photoshopには敵わないが、写真はもっぱらスマートフォンでというユーザーには十分かもしれない。現在Flickrに写真をストレージしているが、TIFF形式でアップロードしてもJPEG圧縮されてしまう。プロアカウントの費用は年間24.95米ドル(約3,000円)で、7月2日に契約切れとなる。目的が違うとはいえ、無料には敵わない。制限があるものの、Flickrはフリーアカウントでも良いのではと思い始めた。Googleが落とした衝撃的な爆弾ではある。

YouTube  Introducing the new Google Photos

2 件のコメント:

  1. 私は高品質のファイルはよほどのことが無い限りは外に出さないので、容量の面では問題ないのですが、ソーシャル機能がどうかが、googleの鍵のように思います。Google Plusは使っていますが、あまり積極的には使っていません。皆、基本的には消極的ユーザーが多いように思います。Flickrはもともとソーシャルな側面があったから広がったのではないでしょうか。それが今やInstagramや、おなじくyahooが所有するTumblrに持っていかれました。これから、どうなるでしょうね。

    返信削除
    返信
    1. GoogleはGoogle+というSNSを持っていますが、G+にアップした写真はGoogleフォトに表示されないようです。Googleフォトの写真はFacebookなどに即ポストできるようです。これは想像ですが、最大のターゲットはAndroid端末を持ってるユーザーで、スマートフォンなどで撮った写真をストレージさせる。つまりアップルのiCloudの存在感を薄めると言う狙いもあるんじゃないでしょうか。それからGoogleはChromebookを発売したし、すべてをクラウドでという方向に乗ったものかと。なおRAWファイルをJPEGではなくTIFFで保存できれば良いのですが…。

      削除