2015年1月18日

シャルリー・エブド紙襲撃事件と表現の自由

預言者ムハンマドの出生地マッカ(メッカ)のカーバ神殿 (Islam Explorer)

フランスの風刺新聞シャルリー・エブド紙襲撃テロは、改めて表現の自由について考えさせられた事件であった。ここでイスラームと「教」を付けないのは、教えそのものがイスラームであり、重ねて「教」を付けるのは屋上屋を架す感が強いからである。事件後「私はシャルリー」というスローガンを掲げた大規模なデモがあったが、シャルリー・エブドの論調に反対であっても、シャルリー・エブドの表現の自由がテロに屈してはならないという意志表明であったようだ。これはヴォルテール(1694-1778)の有名な言葉「私はあなたの意見には反対だ、だがあなたがそれを主張する権利は命をかけて守る」を踏襲したものだろう。エリザベート・バダンテール女史はジュルナル・デュ・ディマンシュ紙(JDD)のインタビューに応えて「2007年のムハンマドの諷刺画の裁判のときには、シャルリー・エブドはイスラモフォビアすれすれで、表現の自由を悪用しているというものもいました。でもここで再確認する必要があるのですが、思想に関する限り、表現の自由にはまったく制限がありません」と断言している。ここに私はフランスの啓蒙思想の潮流を垣間見るような気がする。
表現の自由は思想としてその権利があるということなのだろう。しかしイスラームとは元々「帰依する」という意味で、アッラーに絶対帰依し、その教えに従って生きること。すなわちライフスタイルなのだが、表現の自由を基にその点を揶揄していいのかという疑問は残る。襲撃事件で犠牲となった警察官アフメド・メラベさんに関するツイートが興味深い。「私はシャルリーではなくアフメド、死んだ警察官だ。シャルリーは私の信仰と文化を嘲笑、そうする彼の権利を守って死んだ」と。風刺画は英語でCartoonと言うが、要するに漫画である。時に痛烈な風刺はマスメディアに不可欠なもので、その表現の自由は守るべきである。しかし信仰と文化と生活様式を嘲笑することは慎重にすべきである。特に異教徒に対するそれは、新たな紛争の呼び水になるからだ。

3 件のコメント:

  1. この問題はたしかに表現の自由の問題ではありますが、政治問題化しているので、最低限の政治的配慮が求められると思います。ただ、それを強制されるべきものかと言えば、ないと思うので、このままいけば「表現の自由の悪用例」というかたちで人々の記憶に残るのでしょう。

    返信削除
    返信
    1. 事件後フランスで起きた大規模のデモは、直接的にテロに対する抗議だったわけですが、「私はシャルリー」という標語は、やはり表現の自由を訴えるものだと感じました。ただ肝心なのは、欧米諸国の人々には、イスラーム過激原理主義者のテロがいつ自分に降りかかるか分からないという恐怖心があり、そうゆう警戒心がデモに反映していたと想像します。その状況は日本に住んでるとなかなか実感できないのですが、あらためてイスラームは怖いという印象を持った日本人は多いと思います。

      削除
  2. ちょっと補足しておくと、私はシャルリー・エブド紙の表現の自由を法律などで制限するべきとは思いませんが、これまで何度も、行きすぎたことやってると、とんでもない事件になるから、という忠告はあったわけです。表現の自由といいながら、それを政治問題化して、その極限を試すべきような題材じゃないと思うんです。こういう事件はまったく不幸であって、殺人を正当化する人はいないと思います。しかし、貧困移民の過激派テロによる殺人を、いろいろと一般化して論じて恐怖をあおる。それは貧困移民や欧米に住むモスリムの暮しに関してまったくの無知無関心でいて、しかもやっかいな存在としてしか見ていないという歪みの反動でもあると感じます。ちょっと前の話になりますが、ティモシー・マクベイのオクラホマシティー連邦政府ビル爆破事件とか、イスラムとはまったく関係ない人がテロを起こした時もありましたが、あれでカトリックが現代文明と対立しているとか誰もいわなかったわけです。過激原理主義というところが肝心なのに、そこを抜きにしておかしな方向に議論がすすんでいると思います。

    返信削除