2014年5月10日

アンセル・アダムズが撮影したマンザナー強制収容所の日系人

Tōyō Miatake Family  at Manzanar Relocation Center by Ansel Adams, 1943.
http://www.loc.gov/pictures/item/2002695405/

米国連邦議会図書館が、戦時下のカリフォルニア州マンザナー強制収容所で、かの有名な写真家アンセル・アダムズ(1902-1984)が撮影した日系人の写真をアーカイブした。200点を超える写真の大多数は肖像作品だが、日常生活、農作業、スポーツ、そしてレジャー活動の光景も含まれている。なかでも目を引くのは、隠し持ったレンズでカメラを作り、収容所で暮らす日系人を撮影したことで知られる宮武東洋(1896–1979)一家の写真である。宮武と彼の妻が居間で娘と話している写真で、長椅子には3人の息子が写っている。写真を寄贈したアンセル・アダムスは「マンザナー・コレクションは重要な資料だと思います」という手紙を添えたという。

1 件のコメント:

  1. 凄い写真ですね。大変貴重な資料、誠に有難うございます。これからも、よろしくお願いいたします!

    返信削除