2013年7月22日

軍靴の響きが聴こえてきた

自民党比例区候補のポスター 平野神社(京都市北区宮本町)2013年7月10日

参院選で自民と公明党が合わせて過半数を超えたが、改憲勢力が獲得した議席数は144で3分の2に達しなかった。憲法96条は改憲発議には参院で総議員の3分の2となる162議席が必要と規定そている。改憲を目論んでる政党は、自民党、日本維新の会、みんなの党だが、環境権など新たな理念を書き加える「加憲」を掲げる公明党と合わせると、3分の2に到達する可能性は残るという。安倍首相は「経済政策を進め、改憲は落ち着いて議論」と発言したが、すでに「壊憲」のレールは敷かれてると思われる。これはなんとか阻止しなければと痛切に思う。憲法9条は人類の宝であるからだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿