2013年6月10日

大判8x10黒白フィルムを現像するJOBO#3005を落札した

JOBO Drum Expert #3005    5 sheets 8x10" and 5x7" processing

JOBO Foot Pump 
今月初めに当ブログに投稿した拙文「大判8x10黒白シートフィルムの自家現像」で「8x10のフィルムを5枚いっぺんに処理できるJOBO#3005が欲しいのだが、ちょっと入手困難である」と書いたばかりだが、そのついでにオークションサイトを検索したら、なんと出品されてることが分かった。さっそく落札、今日届いた。これまでは印画紙用のドラムを使っていたが、前述のように暗黒下ではフィルムの装填に難があった。ところがこの#3005はご覧のように5つの孔があいていて、5枚一遍に処理できる。フィルムを丸めて入れるだけなので、装着が簡単である。ところでJOBO社は2010年に倒産したが、品目を絞って生産を継続している。ただ世界的な人気がありながら、生産量が減ったため、入手が困難な状態になっている。例えば米国のオークションサイトeBayに出品されてる価格は670.00米ドルで、65,251円+送料5,064円、合計70,315円と価格が上昇している。それはともかく、取り敢えずテスト現像してみた。そこで気付いたのだが、現像終了後、蓋を外すのが厄介である。調べなおしたところ、足踏み式ポンプが必要で、これも落札した。結構高い買い物だったけど、モノクロ専用ラボに現像依頼すると1,000円強する。というコスト計算ではなく、大事なのは「自分で現像」することではないだろうか。

PDF  JOBO ロータリー式現像タンク #3004-3010 マニュアル

1 件のコメント:

  1. 凄いですね!
    全く感服する限りです。素晴らしい資料、本当に有難うございます1

    返信削除