2018年3月26日

米国フォーク音楽のアンソロジー決定盤

Anthology of American Folk Music Edited by Harry Smith

Handbook by Harry Smith
(画像をクリックすると拡大)
ハリー・スミス(1923-1991)編纂の "Anthology of American Folk Music" が届いた。オリジナルは Folkways Records から1952年にリリースされた LP レコード集だが、入手したのは1997年に復刻された6枚組 CD ボックスセットである。ハリー・スミスは、画家、詩人、音楽評論家、音楽プロデューサーとしてアメリカで活動した。音楽学者であったが、レコードの蒐集は趣味であり、学問との境目が判然としない側面がある。学者であり、多彩な趣味人だったようだ。このアンソロジーは、1927年から1932年にかけて録音された、商業レコード黎明期の音源を集めたものだが、ボブ・ディランやジョーン・バエズ、ジェリー・ガルシアなどをはじめ、数知れぬミュージシャンをインスパイア、フォークリバイバルのきっかけとなったことで知られている。実は私はこの時代の音楽に傾倒していて、断片的に LP や CD を買い集めてきた。アメリカの音楽が世界に多大なる影響を与え続けているが、そのルーツであるヨーロッパからの移民、あるいはアフリカからの奴隷の子孫たちの音楽が、はからずも商業レコードに競って記録されたことが興味深いからである。ところで複数の CD をパッケージする場合、CD の大きさに合わせたボックスにするのが普通だが、これは30センチ LP レコードの大きさの紙箱に入っている。CD サイズだとライナーノーツの判型が小さく、勢い文字が小さくなったりする。ところが LP サイズだと大きいので読みやすい。この豪華な CD パッケージには、オリジナルのハンドブックのコピーと、ハリー・スミスのライナーノーツ、グリール・マーカスなどのエッセーを掲載した、新装の分厚い67ぺージの冊子が同梱されている。蛇足ながらハンドブックは Folkways FP-251 252 253 の2枚組3セット、計6枚の LP レコードとは別売りだったようだ。なお収録曲目および解説を下記リンク先の別ブログ "American Roots Music" に掲載した。

Blogger
Notes of the CD album "Anthology of American Folk Music" (Smithsonian Folkways SFW-40090)

0 件のコメント:

コメントを投稿