2011年4月26日

ぶらり洛中遊歩X100を手にお気軽チョロスナ

石仏 高山寺(京都市右京区四条通西大路北東角)

ウィンドウ EVISU SHINKYOGOKU(京都市中京区新京極通四条上る)

竹の子 とり市老舗(京都市中京区寺町通三条上る)

鳥居 柊屋旅館(京都市中京区御池通麩屋町西入る)
Fujifilm Finepix X100

朝から雨が降ったり晴れたり不順な天候だったけど、購入したばかりの富士フイルム製X-100を手にぶらりと街に出た。チョロスナというのは「チョロっとスナップ」すること。かつて安易な撮り方をしたストリート写真を揶揄した言葉。今様に言えば「お散歩カメラ」に通ずるかもしれない。頼まれ仕事ならともかく、楽しむための写真は、どう批判されようがこのスタイルでいいと私自身は思っている。行き当たりばったりだから撮る内容も脈略がない。強いていえば石仏はこのようなデジタルカメラではなく、大判フィルムのカメラでちゃんと撮りたいとは思うが。(写真はいずれもクリックすると拡大表示されます)

2 件のコメント:

  1. タケノコ、すごく美味しそうだなと思いましたが、
    値段もすごいですね。

    返信削除
  2. 一籠3万円なんて値札に仰天します。おそらく高級料亭に行くのでしょう、庶民にはまさに高嶺、いや高値の花ですね。

    返信削除