2011年4月24日

やっと巡りあえたときめきのデジタルカメラ

Fujifilm Finepix X100 and Pentax Eight‐power Binoculars

旧ブログで「レンジファインダー式デジカメに食指」と題し富士フイルムのコンパクトデジタルカメラ Finepix X100 について触れたのは昨年の9月だった。今年3月発売になったが、ようやく入手することができた。詳細は富士フイルムのサイトにあるし、一般のブログなどにも取り上げられているので、仕様に関しては簡単に触れておきたい。センサーはAPS-Cサイズ、単焦点レンズ搭載の非レンズ交換式、焦点距離は23mmで、ライカ判フルフレームの画角に換算すると35mm相当になる。絞りリングとシャッターダイヤルがあるのが嬉しい。要するにかつてのローライ35やコニカーヘキサーといった、コンパクト高級フィルムカメラのデジタル版と言えるであろう。デジタルカメラは便利なネットワーク端末という認識は持っていたものの、カメラとしての魅力に欠けるというのが正直な気持ちだった。要するに「ときめき」を感じなかったのだが、やっと巡りあった感じである。敢えて難点を言えば添付ソフトウェアが私には使いづらい。しかしカメラ本体は素晴らしい出来だ。街角ストリート写真に力を発揮するのではと期待している。外出するのが楽しみになった。

3 件のコメント:

  1. モナミメイト2011年4月26日 0:41

     ステキなカメラを手に入れられたのですね。写真を見る限り、わたしのようなデジカメ音痴でも拒否反応は少なそうなデザインです。フジはカメラ部門よりも医療機材などの方が今や主力でしょうが、時々、カメラも忘れてないよ!と言うように新機種を出してくれます。先日も蛇腹の6×7のカメラの後継機種でワイド55mm付きを出したと聞きまして、遊び心も多少残る企業であること再認識しました。

    わたし事ですが、久しぶりにフジ製GA645Ziを持ち出しましたら、フィルムを巻き上げるキュイーンという音に懐かしい思いをしました。

    どうせ使うならば出来の良いとか、拘った道具を使うことは当然の事と思います。わたしも十分にそう言う楽しみをしてきました。

    ただ、ここ20年位の間にカメラ趣味を始めた人は、カメラを道具とは考えず、愛でるものとかんがえる人が多くなったようです。わたしには理解しがたいことですが、人の楽しみにとやかくは言えません。

    返信削除
  2. 富士フイルムのGA645をお持ちですか? 中判フィルムカメラでは画期的なフルオートで私も愛用してました。コマ間にデータを写し込めるのが良いですね。富士は化粧品も作っていますが、このデジタル時代に仰せの通り蛇腹式のGF670というフィルムカメラを出すなど、時代を捉えるのが鋭い会社だと思います。それから大判用交換レンズも作っていますね。そういえば写真工業から撤退したコニカもカメラを作っていましたし、大御所コダックも昔からカメラを製造しています。

    写真を撮らずにもっぱらカメラを蒐集する人を何人か知っていますが、やはり集めるのはフィルムカメラで、デジタルカメラを蒐集している人は知りません。やはりライカやローライフレックス、デアドルフなどには機能から生まれる美しさがあり、私もそれに惹かれます。そういう意味ではカメラを愛でる気持ちは多少理解できます。でもやはり飾っておくものではなく、撮る道具でありたいとは思いますが。

    返信削除
  3. 後ろのバッグのメーカーについて質問がありました。
    シルバーレイククラブ(http://www.iketei.co.jp/slc/ )というブランドで、日本製です。
    双眼鏡は野鳥観察用で、小さいのでカメラと共にバッグに収まります。

    返信削除