2011年4月15日

ゾーンプレート写真論考のための覚え書き

チューリップ 京都府立植物園(京都市左京区下鴨半木町)Nikon D80 + Zoneplate

ジョセフ・ニセフォール・ニエプスの研究を引き継いだ、ルイ・ジャック・マンデ・ダゲールが考案した銀板写真術、ダゲレオタイプがフランス学士院で発表されたのは1839年だが、その僅か40~45年後ころからカーボンやゴム、オイル、ブロムオイルなどを使った印画法が流行り出した。ソフトフォーカス画像だったが、絵画における印象派の様式の影響を受けたもので、後にピクトリアリズム(絵画主義写真)と呼ばれるようになった。20世紀の初期に最高潮に達するが、これは写真映像の最も特徴的な側面である明解性を排除したものであった。写真家ジゼル・フロイントは『写真と社会』(御茶の水書房)の中で
写真が絵画に似て見えれば見えるほど、無教養な大衆はそれが「芸術的」だと思ったのである。ありとあらゆる修正・化学処理の技術が動員されて作られた。
と手厳しく批判している。それはともかくピクトリアリズム写真は、アメリカではアルフレッド・スティーグリッツ、日本では野島康三がこの運動を牽引、一世風靡したが、1914年ころになると急速に衰える。スティーグリッツは写真本来の明解性を追求したストレート写真に回帰、日本では雑誌『光畫』第1号で野島の盟友であった伊奈信男が「写真に帰れ」という論文を掲載、新興写真が勃興することになった。

このようにピクトリアリズムはあっという間に衰退したが、ソフトフォーカスあるいは不鮮明な写真は別のカタチで現代でも受け入れられている。ヴォルフガング・ウルリヒ著『不鮮明の歴史』(ブリュッケ)も触れているように、20世紀末にロシア製ロモLC-Aなどを使ったトイカメラブームが起こる。文字通り安価な玩具のごときカメラが作る画像は、普通のカメラが追求する高解像度とは裏腹に、不鮮明である。ボケていれば失敗作だと思われた写真を、人々は作品として好んで受け入れるようになったのである。いわゆるロモグラフィにあるのは「良い写真や下手な写真は存在しない」という思想で、ピクトリアリズムとは趣がやや違う。

しかし不鮮明な写真を受け入れるという点では相通ずるものがある。何故なのか、いささかその理由を突き詰めるのに窮する。ひとつ挙げれば、通常の人間の視覚と異なった画像に惹かれる、という説明を思いつく。つまり「変わった感触」の心地よさである。ではピンホールやゾーンプレート写真はどうだろうか? ひとつ思いつくのはレンズを介さないカメラ、所謂レンズレスによって写真本来の明解性を放棄しているという点を上げることができそうだ。しかし、それだけでは余りにも説明不足である。以上の大雑把な覚え書き下敷きに少しずつ考え繋ごうと思っている。

※下の写真は Canon IXY Digital 10 で撮影、いずれもクリックすると長辺1024ピクセルの画像が展開します。

9 件のコメント:

  1. モナミメイト2011年4月17日 11:44

    先日、都写真美術館で「芸術者写真の昇華」という写真展を楽しんで来ました。

    返信削除
  2. モナミメイト2011年4月17日 12:03

    上記は初めての投稿テストです。これからも宜しくお願いいたします。

    「芸術写真の昇華」は1906年から1936年頃までの貴重な原画で、当時銀塩プリント+テッサーレンズノシャープな描写ガあたりまえの時代に、あえて、ブロムオイルやゴム印画を使った、とても美しい写真の数々に、初め行くときは小馬鹿にしてやろう位の軽い感じで出た自分が、おおいに恥ずかしく、反省をこれらの原画がさせてくれたのは、とても良い経験でした。

    当時の粋人の美的センス、お金をいとわない技術の修練は、日本のピクトリアリズムを諸外国の原画を上回った水準の高さを表しているとも考えました。
    社会性を写真に求める時代にあえての美的感覚を研ぎ澄ます点において、雑誌などでの批判があると、日本人の総連座性は、直ぐにサロン調などという単純な一括りの批判に切り替わったのは、逆に面白いこととも思えました。

    一つの衰退理由に、とても優れた作品に対して、そこにたどり着くまでの長い道のりを、追いかける人に起こさせなかった、諦めさせた程の手練れがいたということも感じました。海外よりもはるかに鮮明描写の深みを伴った作品も多々あるのは、大いに勉強になると同時に、当時の後を追う表現者と同じように、わたしには次元が違う!と思わせる技術とセンスに溢れた作品も多いです。1920年代前後に素晴らしい昇華が写真界にはあったということです。モナミメイトモナミメイト

    返信削除
  3. モナミメイトさん、ようこそ。どのような内容の写真展だったのでしょうか?
    旧ブログではいろいろコメントをいただきありがとうございました。都合により引っ越しましたが、こちらももよろしくお願いします。

    返信削除
  4. モナミメイト2011年4月17日 16:42

    原画を見る限り、恐ろしく精緻なものも多く、これが追随者に諦めの境地に至らしめたというのが、衰退した原因の一つであるとも考えました。
その点において、日本人の繊細な研究心は外国のオリジナル印画を大きく凌いでいたのではないかしら?
デジタルがあるから価値が初めて理解出来る人も、これから出てくると思われます。要は、後に批判を簡単にできてしまう社会情勢に対して、彼ら粋人は別に批判されても、マイペースに楽しむ紳士の心血を注いだ大いなる遊びであっ蔦とも考えました。

内容は、最近の雰囲気写真とは比べてはならない、素晴らしい手練れの意思を感じると思い増ます♪

    返信削除
  5. モナミメイト2011年4月17日 16:45

    何回も再投稿していますが、1度は投稿出来ましても、直ぐに削除されてしまします〜

    返信削除
  6. モナミメイト2011年4月17日 16:51

    都写真美術館の「芸術者写真の昇華」という写真展は、副題が日本のピクトリアリズム珠玉の名品展というものでした。
1906年黒川翠山からはじまり、1939年頃までの鈴木八郎、中山岩太、小関庄太郎、田村栄、福原路草など、当時の表現するという写真を社会に知らしめる、各種雑誌や写真コンテストで民衆に新しい写真としての流行写真であったかも?しれません。ただし、いい加減な気持ちで見に行ったわたしは、簡単に斬り返され、自分の無知ぶりを露呈しました。当時の粋人のセンスと手練れとしての研究心は、後に、なぜサロン調などと一括りの蔑んだような言葉でくくったのか?何でも連座の好きな日本人の悪い癖が写真界にもあったこと理解しました。
銀塩写真が完成し、テッサーレンズがある先鋭写真の中で、あえてブロムオイル、ゴム印画などの手間暇、危険(薬品)な方法論を選ぶ彼らの美的意識は、当時の勉強不足な学生如きにはまったく眼識が追いつかなかったのかもしれません。
原画を見る限り、恐ろしく精緻なものも多く、これが追随者に諦めの境地に至らしめたというのが、衰退した原因の一つであるとも考えました。
その点において、日本人の繊細な研究心は外国のオリジナル印画を大きく凌いでいたのではないかしら?
デジタルがあるから価値が初めて理解出来る人も、これから出てくると思われます。要は、後に批判を簡単にできてしまう社会情勢に対して、彼ら粋人は別に批判されても、マイペースに楽しむ紳士の心血を注いだ大いなる遊びであっ蔦とも考えました。

内容は、最近の雰囲気写真とは比べてはならない、素晴らしい手練れの意思を感じると思い増ます♪

    返信削除
  7. モナミメイトさんからのコメントはメール受信していたのですが、どうして表示されないか不思議に思っていました。ブロガーのヘルプファイルから調べ直したら、なんと「スパム扱い」になっていました。どうしてか不明ですが、これまでの経過から長文のせいかと想像します。しかしその確証はありませんし、もし字数制限があるなら何文字かも分かりません。とりあえあえずスパムを解除してみたら表示されました。不慣れで申し訳ありません。

    返信削除
  8. 東京都写真美術館のサイトにアクセスしたところ、日本のピクトリアリズム名品展は「芸術写真の精華」というタイトルになっていましたが、5月8日で終わってしまうのですね。同美術館で開催されるJPS展(5月21日~6月5日)に出品するので上京しようかと考えているのですが、残念。黒川翠山が好事写真家と称されたように、ピクトリアリズムは日本における芸術写真の胚芽とともに、アマチュア写真家の台頭という側面を持っていたようです。往時のカメラや写真材料は高価で、いわば旦那芸、道楽といった側面があったことは否めません。しか非職業ゆえ純粋な芸術活動であったともいえます。安井仲治の名がありますが、現代でも高く評価されているアマチュア写真家でした。ピクトリアリズムに関しては、1907年に創設された東京写真研究会が有名で、野島康三らが活躍、ピグメント印画法は「研展風」と呼ばれたようです。と書き綴るとキリがありません。この稿は「覚え書き」で終わっていますが、いつか「コンテンポラリー・ピクトリアリズム」について書いてみたいなと思っています。

    返信削除
  9. モナミメイト2011年4月18日 0:43

    ありがとうございました。短い文章ですと大丈夫みたいですね。
    写真とは言いましても、1品ものとして感じる作品群でした。
    デジタル時代に、写真の歴史が勉強できること。嬉しい企画です。

    返信削除