2017年6月14日

悟ってない自分を痛感する断捨離

捨てがたい書籍が書棚に並んでいる

やや旧聞になるが、5月4日付けマイナビニュースによると、俳優の高橋英樹氏が、33トン分の断捨離実行したところ「ゴミ屋敷に近い量の物があった」という。彼は同じ中学校の同期生だが「70歳を超えたし、うちにある物を全部処分しよう」と思ったからだったという。断捨離とは必要もないもの、使わないものを手放すことで、やましたひでこ氏の登録商標だそうである。私も身の回りを整理して身軽になりたいという願望がある。じゃあ何を捨てるか。自分が撮影した写真が掲載されてる雑誌の切り抜き帳は捨てがたいが、ある程度コンパクトに纏めることができるだろう、問題はレコードと書籍である。古いLPレコードは惜しいけど、売却しても良いと思っている。CDのみにすれば、プレーヤーなども処分できる。さらにCDもNASにストレージ、ディスクそのものを処分するという手があるが、ちょっと躊躇われる。次に書籍だが、これを断捨離するのは厄介である。例えば2年間開かなかった書籍は、おそらく今後とも読む可能性がないだろう。だから売却しても良いような気がする。ところが不思議なもので、読まなくとも、その背が視界にあるだけで安らぐ。これらが消えたらきっと寂しくなるだろう。しかし本当に必要ない大型本は少しずつ処分しようと思う。文庫本の類は電子書籍に切り替えることも可能だが、紙の感触はこれまた捨てがたい。実に悩ましいが、すべてが手元から離れたら、ずいぶんすっきりするだろうと想像する。断捨離に躊躇、悟ってない自分を痛感する。

2 件のコメント:

  1. 断捨離は、一時的な流行だと思っています。長期化する経済低迷で疲弊している世相を写していると思います。物欲がカッコ良かったバブルの感覚はダサくなって、みんな物欲を抑圧し、やりたいこともやらずに我慢するのが当たり前の時代に育った若者の感覚が、徐々に年配の人にも浸透してきたのだと思います。個人的には、要らないものは処分、しかし参考になるもの、自分の可能性を広げるために近くに置いておきたいものを、苦悩の果てに断捨離のために処分するのは、本末転倒で、夢のない生き方だと思います。

    返信削除
    返信
    1. 断捨離というのは、いらないモノを捨てるという行為によって、モノへの執着を断つことだと思いますが、実際には難しいですね。つまり人生には無駄と思ってるモノが、実は心の支えになっていることがあるからです。仰せのように、断捨離には、我慢せよという風潮を押し付け兼ねません。この点は確かに問題があります。質素な暮らしを礼賛することは、まさに両刃の剣と言えるでしょう。まあ、私の場合は無理せず、身の回りを整理しようと思っています。

      削除