2017年6月27日

ザラ紙に印刷された写真の迫力

土門拳写真集『筑豊のこどもたち』(パトリア書店1960年)

書棚を整理していたら土門拳写真集『筑豊のこどもたち』が出てきた。1960年、パトリア書店が発行したもので、定価が僅か100円だった。当時の週刊朝日の定価が30円、その3冊分という安さだった。この価格を可能にしたのは、ザラ紙に凸版印刷だったからである。私はまだ高校生だったが、写真愛好家ばかりではなく、広く一般に売れ、大ベストセラーになったことを憶えている。無論当時でも上質紙にグラビア印刷は可能だったが、敢えて価格を低くするためだったようだ。土門もあとがきで「この体裁の本になったのは、まず百円という定価に押さえた〔ママ〕ぼくの責任である」と書いている。こんな本が出てきたとネットで紹介したところ「1977年版なら持っている」というコメントがいくつかあった。調べ直したところ1977年、築地書館から再版されたようだ。ダブルトーン印刷、ハードカバーで、2700円だそうである。いまさらザラ紙に凸版印刷という復刻は無理なのだろうけど、ちょっと考えさせられるものがある。2008年、京都国立近代美術館で開催されたユージン・スミスの写真展を観に行ったが、会場に展示されていた古い LIFE 誌に釘付けとなってしまった。彼の暗室作業をほんの少し手伝った経験があるのでよく知っているが、芸術家肌で、ファインプリントを志向する写真家だった。従って綺麗な作品が並んでいたのだが、何故かザラ紙に印刷された写真のほうに迫力を感じたのである。報道写真は多くの人の目に晒されてこそ意味がある。だから大衆的な媒体が相応しいし、タブロー化は避けたほうが良いのではないだろうか。フトそういう思いが脳裡を走るのである。

3 件のコメント:

  1. ちょっと話は変わるのですが、コマーシャル フォトグラファーが、広告エージェンシーや企業のアートバイヤーに送る宣伝部材で、新聞紙に刷ったものをタブロイド紙のように折って(製本ではなくて)そのまま郵送する方式が、ちょっとした流行になっているようです。デザイナーのコレクションの紹介などでも、配るものではニューズプリントというのが、時々あります。

    ソーシャルなどで多用されるのは、意図がかなり明確に絞られて、スケールも小さく、読者の想像力を借りる余地のないものばかり。たしかに最近のスクリーンは精細で発色もよいが、大きく広げてみる紙の画像の広がりは、かえって新鮮だと思います。

    返信削除
    返信
    1. 確かにスクリーンは綺麗になりましたが、やはり深みがないような気がします。印刷物は紙質や方式によって見え方が違うのですが、凸版からオフセットになってからの新聞印刷の向上は目を見張るものがあります。写真は印画紙が本道だと思いますが、最近はインクジェット出力が主流になっています。あれは印刷物だよと揶揄したいのですが、英語ではいずれも「プリント」ですね。

      削除
  2. これは個人的なものかもしれませんが、丁寧につくったカラーのインクジェットは、印画紙のプリントと比べても、それほど明確に劣るとは思いませんが、いくらがんばっても、フォトショップできれいに仕上げたファイルをインクジェットで作ったプリントでは、ネガから手作業で限定的な工作しかできない白黒印画紙に焼いて調色した本物の白黒写真とはまったく別物のように感じます。色情報が無い分、微妙な階調や粒状性などの要素がモノを言う、しかもそれがスキャンすると半分消え、インクジェットで完全に破壊されるように感じます。

    返信削除