2016年3月6日

やはり低音用サブウーファーが必要だった


先月下旬「ちょっぴり前進したPCオーディオ装置」と題して、アンプ内蔵のアクティブスピーカーの代わりに、プリメインアンプ小型スピーカーをセットした件を紹介した。実際に運用してみたところ、残念ながら期待した音が出ないのでやや落胆した。その要因は小さな筐体のスピーカーでは低音が出ないという点である。慣らし運転、いわゆるエイジング効果によって、若干潤いのある音になったが、いかにPCオーディオ用とはいえやはり物足りない。そこで低音を補強するサブウーファーを導入することにした。サブウーファーはサイコロ型多く、置き場所に困る。調べたところヤマハのNS-SW210が、ミニタワー型で166W×450H×366Dmmと比較的スリムで、設置しやすいことから購入した。写真はセットアップの様子が分かるように、サブウーファーを手前の家具の上に乗せて撮ったが、壁との隙間の床に降ろしたので、今はこの角度からは見えない。

DENON PMA-390RE
図はアンプのリアパネルだが、サブウーファー用の出力端子がない。従ってステレオからモノラル機器に接続するピンケーブルを使い、プリアウト端子からサブウーファーの入力端子に繋いだ。録音出力端子と接続する方法もあるが、その場合はメインとサブスピーカーの音量調節が連動しない。サブウーファーの電源スイッチが背面にあり手が届き難いが、アンプのACアウトレットから配線したので、ON/OFFはアンプ側でできる(*)。というわけでわがPCオーディは重低音が加わり、心地よく響くようになった。敢えて欲張れば、次はメインスピーカーのグレードアップということになるだろう。コストパフォーマンスの高い製品を選選び、無駄な出費は抑えてるつもりだが、物欲はやはり戒めなければならない。しかしいつか誘惑に負けそうな気がする。

(*)追記「電源タップでアンプ破壊を回避する」(追記・2016年4月3日)

PDF  YAMAHA NS-SW210 取扱説明書の表示とダウンロード(PDFファイル 1.07MB)

0 件のコメント:

コメントを投稿