2011年8月30日

風雪に輪郭が曖昧になり化粧された地蔵を考える

化粧地蔵 西徳寺(京都市北区平野桜木町) Fujifilm Finepix X100

お土居から出土した石仏(京都市上京区北町)

ふと思い立って近所の西徳寺に出かけた。市バスの「わら天神」停留所前にある金攫(きんかく)八幡宮の境内を横切り、狭い路地を西に進むと30体余りの石仏がある。寺院といっても唐破風(からはふ)がなかったら普通の民家と間違うだろう。鉄筋コンクリートの一階は庫裏で、二階が本堂になっているが、金色の阿弥陀如来像を拝ませてもらったことがある。さてこの石仏群だが、化粧を施されている。8月21日、地蔵盆で化粧直ししたらしく、ボスターカラーの色が鮮やかだ。なぜこれだけの石仏が集まっているのか、その理由を辿る資料はない。この辺りはかつての衣笠村で、田圃だらけだったという。この寺とわら天神(敷地神社)がぽつんとあったと聞いたことがる。もしかしたら明治の廃仏毀釈の際、あちこちの祠や路傍から避難したものかも知れない。地蔵に化粧を施す習慣は京都が発祥と言われ、遠く東北地方まで広まったようだ。風雪に輪郭が曖昧になったので「お化粧して上げましょう」という信仰心から始まったのだろう。その気持ちは十分理解できるが、いかに地蔵盆のイベントとはいえ、本来無彩色である石像に稚拙な顔を描くのはいかがなものか、という疑問も残らないわけではない。そういえば北野天満宮北門を出た道ばたにある石仏も化粧されている。お土居発掘の際に出土したもので、ある程度歴史的背景が分かっているようだ。石仏は信仰の対象であるが、歴史的文化財でもある。その点を再考すべきだと思うが、いかがであろう。

2011年8月28日

銀塩アナログ写真に回帰しなければと考えている

Deadorff 8x10, Nikkor 240mm F5.6, Sekonic L-398M and Toyo View Film Holder

Fujifilm Finepix X100, Sony NEX-5 with Zoneplate and E18-55mm F3.5-5.6

ソニーαNEX-5のセンサー汚れの問題も一件落着したようなので、撮影に出かけた。装備は左の写真の通り、英国ビリンガム社製のハドレースモールに2台のコンパクトデジタルカメラ、そしてNEX-5用のズームレンズ。このレンズはビデオ撮影用としての予備である。この他、ポケットにはそれぞれの予備バッテリー、USBケーブル、そしてノートとボールペンが入っている。私の一番小さい装備は、前々回の記事「天神さんの骨董人形に惹かれる」に載せたセットで、バッグはシルバーレイククラブの製品である。いずれにせよ、これらのセットはいわゆる「お散歩カメラ」といった類で、三脚も持たず、気軽に撮影するためのものだ。実はこの秋、再開したい作業がひとつある。大判8x10インチのデアドルフビューによるランドスケープ撮影である。このところ上記のごとく「お気軽セット」に流れてしまったので、炎暑が過ぎ去り、涼しくなったら行動再開しようと思っている。上の写真のようにスーツケースに納めてあるが、これにプラス、がっちりした三脚が必要なので、かなりの重量になる。動けるうちにという悲壮感はないが、銀塩アナログ写真に回帰しなければと考えているからだ。

2011年8月27日

ソニー NEX-5 センサーの汚れの不思議

Sony NEX-5 with Zoneplate 25mm F47

前述「ソニーαNEX-5によるピンホール&ゾーンプレート写真テスト」を見ていただいた方から、ピンホール写真にゴミが付着しているという指摘があった。よく見るとゾーンプレート写真でも同じような汚れがある。再びテスト撮影してみたところ、ご覧のように画面右下に大きなゴミが付着している。(赤い矢印)画像をクリックして拡大表示すると別の汚れも分かる。

Sony NEX-5 with E18-55mm F3.5-5.6

これに対し私は単純にローパスフィルターにゴミがついてるから、掃除すればいいやと思ったのである。ところがレンズをつけて撮ると、ゴミが消えている。これは不思議。いろいろ考えたが、私には理由が分からない。単なるローパスフィルターの掃除依頼にしても、どうやってメーカーに説明するのか。分からないまま、ソニーのサービスステーションに持ち込んだ。

Sony NEX-5 with Zoneplate 25mm F47

カウンターでゾーンプレートを装着、白い紙を撮影して見せた。背面モニターで拡大表示すると、やはり汚れが見える。レンズなら出ないノイズがどうして? 疑問を残したまま預け、購入したばかりの愛機は工場送りに。そして今日、サービスステーションで点検したカメラを受け取った。修理明細書には「CCD部異物付着、光学変換部清掃しました」とある。つまりローパスフィルターの奥、CCDに汚れがあったようだ。早速撮影、結果はご覧の通り綺麗な画像を得られたのである。これを「初期不良」と呼んでいいのだろうか、肝心の要因がいささか不明であることが心もとない。

2011年8月25日

天神さんの骨董人形に惹かれる

骨董人形 北野天満宮(京都市上京区馬喰町) Fujifilm Finepix X100

京都市下京区のギャラリー「繭」で開かれている写真展を観た後、四条河原町に出て昼食を摂った。再びバスに乗り、北野天満宮で降りた。出がけに前を通り縁日「天神さん」の日であることを思い出したからだ。縁日は神仏との有縁の日のことだが、北野天満宮では毎月25日、骨董を中心にした露店が並ぶ。と簡単に骨董と書いたが、厳密な定義に従ってではない。広辞苑によると骨董は「種々雑多な古道具。また希少価値あるいは美術的価値のある古道具・古美術品」とある。英語のアンティーク(Antique)は、ウェブ百科ウィキペディアによると「製造された時点から百年を経過した手工芸品・工芸品・美術品」と定義されてるそうだ。骨董品を見分ける力は無論私にはない。だから天神さんに並ぶ古道具が果たして百年を経過したものか知るよしもない。単に「種々雑多な古道具」という認識しか持ち合わせていない。それはともかく、天神さんはヨーロッパの蚤の市に相当するものであろう。ところで先月中旬に「人形が持つ翳りの魔力」という一文を寄稿したが、ここでも私は人形に視線が傾斜してしまう。その骨董的価値は分からないが、籠に入った雛人形に惹かれて長い間立ちすくんでしまった。店主に「買いなはれ」と勧められたが「いらなくなったときどうしよう?」と尻込みする。すると「人形供養したらよろしがな」という。頭の中で別の言い訳を探しながら「そういえば京都には、宝鏡寺門跡粟嶋堂宗徳寺がありますね」と半分口ごもる。結局「また来月来ます」と誤魔化し気味の言葉で弁解したのである。天満宮の北側に出ると、今度は西洋人形が目に飛び込んで来た。バッグからカメラを取り出し、もう無駄口は叩くまい、と自分に言い聞かせながら「写真を撮っていいですか?」と訊ねた。

2011年8月18日

ソニーαNEX-5によるピンホール&ゾーンプレート写真テスト

レンズ Sony NEX-5 with E18-55mm F3.5-5.6

ソニーαNEX-3によるピンホール写真テストを先月末に行いリポートしたが、新たにNEX-5を入手したので、ピンホールおよびゾーンプレート写真のテスト撮影した。同社の新製品NEX-C3との比較について前回書き忘れたこと、それはすでに型落ちしているせいかNEX-5のほうが価格が低いということである。さらにNEX-3のほうが安価なのだが、動画機能に関してはNEX-5に軍配が上がるので、これを選んだ。

ピンホール Sony NEX-5 with Pinhole 18mm F120

前回のNEX-3によるピンホール写真テストと同じだが、今回ゾーンプレート写真もテストすることにしたので、比較のため撮影した。NEX-3とNEX-5はセンサーが同じなので、画質その他の差はない。ピンホールは自作できるが、というより自作してる人のほうが多いが、これは米国ワシントン州クリスティアンセン社製のプレートを使用した。ステンレスの薄板にレーザードリルで孔開けしたものだが、製造中止になっているらしく、現在では入手不能である。口径は0.150ミリだが、0.15ミリと書かないのは、下3桁まで有効数字だからだ。

ゾーンプレート Sony NEX-5 with Zoneplate 25mm F47

ボディキャップにゾーンプレートを付けたソニーNEX-5 (フード兼保護リングはフィルムケースの蓋を加工したもの)

ピンホール写真は光の直進性を利用するが、ゾーンプレート写真は回折現象を利用して画像を得る。私のホームページにその作成パターンを掲載、作り方を解説してある。弓道の的に似たパターンを、黒白フィルムで縮小コピーして作るが、富士フイルムから出ていた複写用ハイコントラストのミニコピーフィルムが製造中止になってしまったので、自作を諦めて市販のものを使うことにした。学研『大人の科学No.14』の付録、はステレオピンホールカメラ用のゾーンプレートを、トイカメラ販売で知られる「エイ・パワー」から取り寄せた。焦点距離25ミリなのでちょうど良い。なお同社は焦点距離50ミリおよび80ミリのゾーンプレートも扱っている。小型一眼レフや中判カメラのボディキャップに孔を開けて貼り付ければ、気軽にゾーンプレート写真を楽しむことができる。興味ある方は以下のウェブサイトにアクセスしてみてください。

A-Power Inc. http://www.doctor-and.com/

2011年8月15日

水上勉:五山送り火を支える無名寺院の信徒たち

京都五山送り火の北山左大文字護摩木志納のため金閣寺に出かけた。後述水上勉氏の随筆にあるように、左大文字の護摩木は法音寺という小さな寺院の信徒たちが山に上って焚く。同寺は狭いし世間に場所も知られていない。従って観光客が多い金閣寺参道で志納受付をするのだろう。ところですでに報道されてるように、今年の送り火に関してはトラブルがあった。東日本大震災で亡くなった人々の霊を送るため、岩手県陸前高田の松原の薪を京都の五山で焚こうという計画が持ち上がった。ところが以下のような迷走劇が生じてしまった。薪からは放射性物質は検出されなかったが、不安の声に配慮し計画が中止。これに対し、京都市や大文字保存会に抗議が殺到した。実は私もFacebookに「市民として恥ずかしい」と投稿したりした。陸前高田市は薪を「迎え火」に使用。世間のバッシングに陸前高田の別の薪を四山が使用すると決定。これを受け残る大文字保存会も使用を決める。ところが京都市が検査したところ、放射線セシウムが検出され、五山での使用は中止になってしまった。その代わり大文字保存会は、受け入れ計画を中止した越前高田市の松に書かれていたメッセージを、約千本の護摩木に書き写し、16日夜の送り火で焚くことになったという。ここで水上勉氏の随筆を引用しよう。如意ヶ嶽の大文字を守っている浄土院でいただいたパンフレットに復刻されていたもので、単に雑誌「PHP」11月号とあるだけだが、古都税紛争一時和解、御巣鷹山日航機墜落事件に触れているので、1985年と推測できる。

護摩木 金閣寺(京都市北区金閣寺町) Fujifilm Finepix X100

「五山の送り火」水上 勉(作家)

ことしは久しぶりに京五山の送り火を拝んだ。周知のように五山とは、如意ヶ嶽の大文字、松ヶ崎東、西山の妙法、船山の舟、大北山の左大文字、鳥居本の曼荼羅山の鳥居である。十三日の盆に、祖先の精霊を迎えた京の家では、仏壇に供物をならべて念仏申しあげ、家内安全息災を祈願するとともに、精霊を弔うのだが、十六日にはその精霊が、ふたたび彼岸へ帰ってゆくのを送らねばならない。火はつまり、その仏徒たちの昔から行ってきた精霊送りだ。調べてみると、これらの火は、五山の保存会のメンバーによって焼かれ、一般の人は仲間に入らない。昔から寺の信徒にその役があり、しかも、若衆と呼ばれた青年たちによって、焼かれるところもある。不思議なことに、それらの寺は有名寺院ではない。有名寺院といえば、京都ではみな観光寺院になってしまうが、火を焼く寺は、殆ど観光とは無縁といっていいだろう。

まず銀閣寺前にある浄土寺が如意ヶ嶽の大文字を焼き、松ヶ崎は湧泉寺、船山は西方寺、大北山は法恩寺、鳥居本には寺はない。古くからの保存会員の持ち山で、町衆が焼くそうだ。焼かれる護摩木は寺でつくられ、寺に詣でた善男善女が、新仏の法名や、俗名を書いて護摩料を払うのである。新仏が出なかった家は、先祖代々の霊だとか、一家の安全息災を祈ることばを書く場合もある。いずれにしても、これらの木をあつめて、背負って山へのぼり、汗だくになって焼く人々はむな、無名の信者たちである。この行事が何百年とつづいて、今日も燃えつづけた。なかった年は、敗戦の年とその翌々年までの三年だけで、昭和二十三年から休んだことがない。つまり、仏を送る信心に休みがないということであって、本心は、敗戦の年まわりこそ、大勢の死者が広島や長崎にあふれ、爆災都市にも、たくさん焼死体がころがっていたのだから、京の町衆は送り火だけは焼きたかっただろう。ところが占領下であったために、遠慮しなければならなかった、とつたえられる。それにしても、この行事が、古くからの信者たちによって、手弁当で行われてきたことに私は心を打たれる。今は京の観光の目玉ともなり、どのホテルも満員の外来を迎えてほくほくだが、じつはその送り火そのものは、観光と無関係に、信心の証として、保存会の家々がうけついできている。
そこで、思うのだが、私たちは、大文字といえば銀閣寺を頭にうかべ、左大文字といえば金閣寺を頭にうかべ、有名な相国寺派別格地の両寺が焼くように思いがちだ。そうではない。護摩木は観光客に売りはするけれど、山へのぼって焼くのは、ほかの寺の信徒がやっていたのである。しつこいようだが、このことにこだわるのは、凡庸な俗界にあって、信心の火を観光寺院に見ることが出来なくなった、ということを、五山の火は教えたからである。伝によれば、如意ヶ嶽の大文字は、銀閣慈照寺を創建した足利義政がはじめたともいう。とすれば銀閣寺はやはり、火の元だったわけだが、いまは門前の浄土寺が、汗だくになって護摩木を背負いはこび、当夜は、弘法大師像を安置するカナオの堂前で、誦経をし、住職の合図で火がつけられる。

ことしの送り火はいろいろのことを考えさせられた。銀閣寺も金閣寺も古都税問題で、(つまりゼニのことで)門を閉めて人を入れなかったりした。ところが、どういう相談ができたか、急に市当局と握手して、門がひらかれた。門をひらくことは賛成だが、なぜ門をしめたのか、庶民にはよくわからなかった。法灯を守るというのが理由のようだった。だが十六日の法の火は、観光とない信心の徒をあつめる無名寺院が汗だくで焼いていたのである。送り火は死者を送るのだから、生者のよろこびだ。生者といっても、いつ朝霧の如き命を落とさねばならぬかわかったものではない。安全と信じた大型飛行機が、とつぜん五百名以上の乗客もろとも、山にぶっつかって燃えあがるこの頃である。

われわれはコンピューター文明の世を生き、平和だといっている。一億総中流だともいっている。寿命ものび、老後に年金も入り、ゲートボールも楽しめ、しあわせな国に生きている思いが国民の大半を占めている、ともいう。本当にそのように平穏だろうか。五山の送り火は、何百年と同じ火を燃やしてながら、新しい何かを私にささやいた。何をささやかれたかを語るには枚数が足りない。火を拝んで、私は今日つかのまを生きておれたことを感謝したとだけいっておく。(絵も筆者)

文中の浄土寺は浄土院(京都市北区銀閣寺町)法恩寺は法音寺(京都市北区衣笠街道町)である。これを読むと京都の五山送り火は、無名寺院の信徒、町衆の信仰によって守られてきた宗教行事であることがしみじみと理解できる。「大文字送り火に、陸前高田の松原の薪・計画」の発案者は大分県の美術家で、福井市の元議員とNPO法人「ふくい災害ボランティアネット」も主導した。その志を揶揄するつもりは毛頭ない。しかし岩手県とも京都府とも直接関わりのない第三者によってこの企画は始められたことに、私は違和感を感ぜざるを得ない。また放射性物質の問題が出たためだろう、京都市や陸前高田市が介入したが、本来行政が口出しするのも、送り火の理念とはそぐわない気がする。送り火を見物に大勢の観光客が京都にやってくるが、夏の夜空を彩る観光イベントではない。お盆にこの世に戻った精霊を再び冥府に還すため、静かに手を合わせる、あくまで宗教行事であることを忘れてはならないことを、今回の一件で痛感した。

2011年8月13日

Google+との統合でPicasaウェブアルバムの無料容量が無制限に

グーグルのPicasaというはご存知のかたが多いと思うが、写真や画像を整理、編集、共有システムである。グーグルのサービス、例えばブログBloggerの画像はここに保管される。私のアルバムを見てみよう。


ところで画面上記にあるように、グーグルの新しいソーシャルネットワーキングサービスGoogle+に参加すると次のようなメッセージが表示される。

Google+ に参加したため、Picasa ウェブ アルバムに次の変更点があります:
  • 共有しているアルバムで、他のユーザーが名前タグを付けたり共有したりすることができます。
  • 新しいアルバムについては、アルバムを共有したユーザーは誰でも他の共有相手を見ることができます。
  • 名前タグを付けると、相手に通知が届き、相手はタグを付けた写真と関連するアルバムを表示できるようになります。
詳細

すでに私はGoogle+に参加しているので、Google+プロフィールの「写真」を見てみよう。次のように表示される。


これで当ブログ「写真少年漂流記」の写真がPicasaでは共有されていないことが確認できる。仮に写真に対してコメントを貰うば場合でも、ブログ上のほうが望ましいからだ。ところで冒頭に書いたようにBlogの写真はPicasaで管理されてるわけだが、その保存容量の制限が気になるところである。これまでは1GBであったが、Google+との統合によって容量制限の変化が起きた。つまりGoogle+に投稿した大きなサイズの写真は無料ユーザーの場合、長辺が2048ピクセルに縮められる。逆にいえば、2048ピクセル以内なら、ブログの写真も実質容量が無制限になるということだ。ブログに使用する写真は、オリジナルサイズで私はFlickrにストレージしている。従ってブログの場合は長辺2048ピクセルで十分である。写真を主体にしたブログを制作するには、誠に有難いサービスである。

2011年8月10日

ソニーα NEX-C3/NEX-5 を比較検討する

先月末に「ソニーαNEX-3によるピンホール写真テスト」をした。これはソニーαNEXシリーズが、ピンホールあるいはゾーンプレート写真に向いているかというテストだったが、後継機NEX-5、あるいはNEX-C3購入検討の布石でもあった。同社サイトの比較表を見てみよう。


一般に新製品のほうがグレードアップしていると考えていいし、事実NEX-C3のほうが画素数が上回っていて、これには魅力を感ずる。しかしながら連写機能が7コマ/秒から5.5コマ/秒に落ちてるし、1920*1080ピクセルのAVCHDビデオ撮影ができない。実はこのカメラに関しては、ピンホールなどの「邪道」の他に動画撮影にどうかと思っている。従ってレンズは単焦点パンケーキE16mm/F2.8に魅力を感じつつも、やはりズームが良いのではと考える。というわけで、結局旧型のNEX-5ズームレンズ付きをネット通販注文した。届いたらピンホールとゾーンプレート撮影テストをしてみようと思う。

2011年8月6日

ピンホールカメラで花瓶に風景を焼き付ける

PhotoGraphy from ShiKai Tseng on Vimeo

これは台湾出身、世界の美術大学の最高峰であるロイヤル・カレッジ・オブ・アートを今年卒業した、ロンドン在住のデザイナー ShiKai Tseng 氏の PhotoGraphy プロジェクトのビデオである。ピンホールカメラを使って風景を花瓶や壺に焼き付ける工程を記録したものだ。暗室で素焼の陶器に感光乳剤を塗り、カメラに入れ、撮影後これを取り出して現像する。フィルムや印画紙と同じである。それでは何故ピンホールカメラなのか? ピンホールカメラは光の直進性を利用するので、フォーカス、つまりピントという概念がない。レンズだと焦点が合ってる部分のみピントが合うが、ピンホールで均質と言っても差支えない。だからは像に歪みが出る可性があるものの、受光面が立体でも差し障りがない。さらに複数のピンホールを開けることができるので、全方向の風景を捉えることができる。このビデオに登場するカメラは、正方形のそれぞれの面、合計四つの針孔を開けているいるようだ。このようにピンホールカメラは、受光面が平らであることを前提にした普通のカメラでは不可能な映像を、工夫次第で得ることができる。

2011年8月5日

現世にこだわる現代人の宗教世界を再び写真主題に

仏花 石像寺(京都市上京区千本上立売上る) Nikon D700 + Zoneplate

ゼロイメージ社の木製針孔暗箱を購入したのは2006年春に遡るが、このカメラ持って京都寺院巡りを始めた。所謂「京のご利益さん」と呼ばれる民間信仰が盛んな寺院を守り、後に朝日新聞のこころのページに「ピンホールの目」と題して連載したことが思い出される。かつで取り憑かたように大和寺の仏教寺を巡ったこともあるし、書棚には仏教書が並んでいる。あるいは京都の河原町カトリック教会の聖書講座に一年間通った経験もあるし、さぞかし宗教的な人間と思われるかもしれない。しかし例えばFacebookのプロフィール宗教欄にはAtheist(無神論者)と登録してある。おそらく学校学んだ自然科学のつたない知識が邪魔をして信仰の道に走らないのかもしれない。

涎掛け 石像寺(京都市上京区千本上立売上る) Nikon D700 + Zoneplate

今年5月、車椅子の物理学者と知られる物理学者スティーブン・ホーキング博士が「天国も死後の世界もない」と英ガーディアン紙のインタビューに答えて話題になったが、これは素直に受け入れることができた。しかしその一方、私は仏教における浄土思想などには興味がある。中世の権力者たちは死を恐れ、例えば宇治の平等院阿弥陀堂のような建造物を造った。一方庶民は現世の苦しみを逃れるため、来世、死後のパラダイス西方浄土に憧れた。現代人は現世にこだわり、死を恐れ慄いている。そういった世相に漠然とした興味を持ち、自ずと写真のテーマもそこに傾斜してゆく。掲載写真は新たな写真主題への試行である。この秋にはスタートできるだろうか。