2014年4月27日

オバマ大統領が残した言葉に対する覚え書き

Hello Goodbye © 281_anti nuke

オバマ大統領の訪日に関しては、多くのメディアが報じているので、私ごときが出る出番ではないのだが、若干の私的メモをしておきたい。まず「尖閣諸島が日米安全保障条約の適用対象であることを明言」した。さらに「日本が進める集団的自衛権の行使容認の動きを支持する」という報道は、安倍政権にとってまことに都合良いものだろう。しかし、少なくとも前者に関しては、大統領が「事態をエスカレートさせるのは『重大な誤りだ』」と語った部分について、多くの日本メディアが「正しくない」と訳して報じているという指摘がある。具体的には「profound mistake」を「正しくない」と誤訳したという。27日付琉球新報電子版によると、沖縄の基地問題などを日本語と英語で積極的に発信している平和団体ピース・フィロソフィーセンター(カナダ)の乗松聡子代表は「オバマ氏が安倍首相に直接くぎを刺した言葉を、日本のメディアの多くは重視せず、正確に報じていない。読者、視聴者に誤解を与える」と話しているそうだ。そしてもうひとつ、大統領は韓国で「慰安婦被害に遭った女性たちはひどい人権侵害を受けた」と発言した。これに対し26日付読売新聞電子版が「朴氏の主張に寄り添ったオバマ氏」と揶揄を込めた表現をしている。オバマ大統領の発言は至極もっともで、国際常識である。歴史修正主義者の主張のお先棒を担ぐがごときメディアの存在に戦慄を覚える。

2 件のコメント:

  1. 友人に元読売新聞記者がいますが、可哀想です。

    返信削除
    返信
    1. 自分の意に反した論調を展開する新聞社に勤めている記者は辛いでしょうね。それにしても読売は酷い。その酷い新聞が安倍首相暴走の拠り所になっているのが現実ですね。

      削除