2013年2月4日

護憲反原発は草の根の市民運動が頼みの綱

憲法9条京都の会  画像をクリックすると拡大表示されます

ご存知の通り先の衆院選で自民、公明党が2/3の議席を奪ってしまった。憲法改変の発議や、参議院で否決された法案の衆議院での再可決に必要な「圧倒的多数」を有することになったわけである。安倍晋三首相はこれまでの言動で分かる通り、改憲、いや壊憲、そして原発推進につっ走るだろう。その地固めとして、今夏に予定される参院選で、さらなる議席獲得に向けて邁進する構えである。これに対抗する護憲、反原発勢力の結集は果たして可能なのだろうか。今日の読売新聞電子版によると、民主党の桜井政調会長は昨日、都内で日本維新の会の浅田均政調会長と会談し、政策協議を申し入れたという。これに対し浅田氏は「しんどいのではないか」と答えたそうだ。労組と関係があるからイヤだというわけだ。

民主党が有権者に愛想を尽かされ選挙で大敗、参院選で野党連携のイニシアティブをとるつもりだろうけど、そうは問屋が卸さないだろう。そもそも維新、みんなの党は自民と同じ穴の狢、単に自党の勢力拡大を図り、国政での影響力を増したいだけで、真の野党とは言い難い。生活の党はどうだろうか。これまた旧日本未来の党でのお粗末、脱原発を願う人々の期待を裏切ったことは記憶に新しい。残るは社民や共産党など小党ばかり。護憲、反原発を唱えているが、極小集団ゆえ、国政を左右するような勢力になるとは考え難い。旗揚げしたばかりの緑の党は未知数。こうして現在の政党の動向を俯瞰すると、実に暗澹たる気持ちになる。これまでの辛酸を振り返ると、代議員制度が民意を反映しないとつくずく思う。既存政党に任していたらこの国は坂道を転がり、奈落の底に落ちてしまう。やはり草の根の市民運動が頼みの綱なのである。

1 件のコメント:

  1. 民主国家の歴史を見れば解るとおり、「民意」とは「愚民の総意」でしかなく、現在の疲弊した日本に必要なのは、民意に背いてでも正しい決断が下せる強いリーダーです。市民運動出身の「誰かさん」の悪行をお忘れですか?

    国内の原発をゼロにしても、日本海側の沿岸部に粗製乱造されている中韓の原発で事故が起きれば、偏西風の影響で日本が最も被害を受けます。日本の脱原発に何か意義があるのですか?

    アジアにおける軍事的緊張が限界に達しようとしている今、「平和ボケ憲法」が我々日本国民を守ってくれると、本気でお考えですか?

    返信削除