2011年9月4日

富士フイルムX-10 ソニーNEX-7 についての私的考察

昔の話になるが、ライカがM7を発表した時、ずいぶん落胆したことを憶えている。M5からTTL露出計が内蔵されたが、M6になってデザインが戻り、いよいよライカの魅力が増したと思っていた矢先、その電子化に疑義を抱いたからだ。人間というのは勝手なもので、ニコンの一眼レフF4が発売になったとき、大いに歓迎したにも関わらずだ。F3は機械式であるがゆえ今日でも人気があるが、使う立場になれば、自動機能が付加されたF4のほうが優れてると私は思ったものだ。さて今年は立て続けに富士のX-100、ソニーのNEX-5とデジタルコンパクトカメラを入手したが、そのいずれも後継機がこの秋以降に発売になるという。その仕様あるいは設計概要について私見を書いてみたい。

Fujifilm X-10 (発売日未定)

私がX-100に惹かれたのは、ライカ判換算35mm相当の単焦点レンズ、そしてシルバーの美しいボディであった。ところがこのX-10はそのいずれも裏切り、ライカ判換算28-112mm相当のズームレンズ、そして黒いボディとなっている。これまた古い話で恐縮だが、かつて富士フイルムは120用の全自動カメラGA645を出して評判になった。単焦点60mmのスーパーEBCフジノンレンズが素晴らしく、ずいぶん愛用したものだ。ところがしばらくするとステップ式のズーム55-90mmレンズを搭載したGA645Ziが発売になった。これは単焦点レンズに不満を持つユーザー向けに出したのだろうと想像したものであるが、まるで魅力を憶えなかったことが思い出される。X-10にも同じようなことを感ずる。X-100の後継機に真に相応しいのはレンズ交換式だろうけど、光学式ファインダーが複雑になるし、実現してもかなり高価になってしまうだろう。そこで非交換式ズームレンズ搭載になったと想像する。ただセンサーがAPS-Cではなく2/3型、そしてモデル名にFinePixを含まないので、X-100の後継機というより兄弟機と呼ぶべきかも知れない。

Sony NEX-7 (発売11月11日)

一番驚くのは有効約2430万画素の高精細CMOSセンサーを搭載していることである。このクラスのカメラでは最も画素数が多いのではないだろうか。そしてNEX-5からワンステップ飛躍したのは、何と言っても有機ELの電子ファインダーを備えていることだろう。NEX-5を使ってみて、やはり不満なのは背面液晶モニターによるフレーミングである。太陽光に邪魔されるということの他に、やはりホールディングが不安定であることは否めない。その点、電子ファインダーがあればカメラ保持が安定するし、フォーカスの詳細を確かめることが容易になるに違いない。約236万ドットといった高い解像力がそれを実現すると期待される。有機ELディスプレイは高コントラスト、広色域、高速応答性能であると言われている。私はいずれ一眼レフカメラは淘汰され、ミラーがないカメラが主流になる、いやすでになりつつあると思う。そのカギを握るのは電子ファインダーであり、有機ELに大いに期待している。ところでNEX-7はボディ単体で購入できるようだ。小さなことのようで、これは大きい。

3 件のコメント:

  1. ミラーレスの場合は通常シャッターが開いていて、それを一回閉じてセンサーをリセットしてシャッターを開閉して、更に開けるという手間がかかるため、シャッターラグや速射性能では劣るとされています。センサーの高感度性能が改良しているので、昔のオリンパスE-20のように、ペリクルミラーを使った構造とか、もう一度見直されてもいいと思うのですが、コンパクト機に詰め込むには辛いですね。

    返信削除
  2. 使ってみると確かにタイムラグを感じます。しかしセンサーで得た映像をファインダーにする、それが電子カメラの素朴な理念で、レスポンスが向上すればメリットは計り知れないものがあると思います。

    返信削除
  3. 通りすがり2012年3月20日 2:36

    通りがかりですみません。NEX-7とNEX-5Nは電子先幕シャッターを搭載しているので、レリーズタイムラグは約0.02秒です。これはミラーが動く一眼レフでは実現できない速さです。

    ただし、この数字にはEVFや液晶モニターの表示遅延時間は含まれてません。この遅延時間をソニーは公表してないため、これらを合わせたタイムラグがどうなるかは不明です。

    返信削除