2014年11月18日

タージ・マハル廟を最初に撮影した写真家

Taj Mahal by Dr. John Murray, Agra, India. Courtesy of the Art Foundation of Victoria.

写真はインド共和国アグラにあるタージ・マハル廟で、ジョン・マレー(1809-1898)が1857年ごろ撮影したものである。現存する廟の写真としては最初に撮影されたものだという。ジョン・マレーは1832年に卒業した後、コレラの専門家として東インド会社の軍の医療サービスに加わったスコットランド出身の医師だった。タージ・マハル廟があるアグラのメディカルスクールのオフィサーに1849年にに命され、壁に掛けるために撮影したようだ。39のx44センチのワックスペーパーのネガで、鶏卵紙にプリントしたものである。南側から撮った正面の写真だが、ヤムナー川を手前に浮かぶ、東側からの写真も残っている。

0 件のコメント:

コメントを投稿